トップページ      山荘 ・テント案内予約    最新情報

 

 

冷池山荘種池山荘新型ウィルス対策(R2/6/2発表+6/9+6/30+7/21追加)

 

お客さまへのお願い

先般は、地元長野県より4月〜5月にかけて発出されていた山小屋の休業要請が解除され、登山再開に向けては登山者と山小屋に向けてそれぞれ5項目のお願いが県から発表されました。そんな中当方においては、この度の新型ウィルス禍における、夏山営業の再開に当たっては、お客様のご協力を頂きながら、山小屋全スタッフが一丸となって、山小屋で対応が可能な方策を徹底し、事故やトラブルの発生が無きよう尽力していく所存です。

営業中止という選択肢もなかった訳ではありませんが、登山者の安全、小屋の管理、登山道の管理、スタッフの雇用、登山者からの声等を総合的に鑑み、冷池山荘と種池山荘の営業に注力して行く決断をした次第であります。

しかし山小屋という人里離れた山岳地ゆえの困難も数多く伴うのも事実です。とくに今季の営業を中止された山小屋も多々あるなか、営業をしていく以上はそれらの小屋の重い決定をも尊重して、最大限の注意を払いながら10月の小屋閉めまで運営して参ります。今夏の鹿島槍・爺ヶ岳登山をご計画中の皆様におかれましては、私どもで考えた後述のマニュアルを参照いただき、ご協力をお願いいたします。ややもすれば細かすぎるきらいもありますが、 大事なことばかりですので、必ずご一読下さるようお願いいたします。

ただ敵はまったく見えないウィルスということで、なかなか自分たちが考えているようには参らないかもしれないということだけは、全登山者に共有していっていただきたいことと思います。もしかしたらシーズン途中で営業休止といった事態になることも、決してなくはないことと考えております。

またこの新型ウィルス禍は完全終息まで2〜3年もかかるといった話もあります。そんななか新しい生活様式に沿った登山を、本年は着実に進めて行き、来年以降はそれが“新しい登山スタイル”になって行くのではないかなとも考えております。未曽有のこのシーズンが、“新しい登山スタイル”へ向けての第一歩になるよう、皆様にはご迷惑ご負担をおかけいたしますが、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

冷池山荘・種池山荘・新越山荘 経営  柏原一正

【営業へ向けての大前提】

1・本年は富士山・南アルプス等日本各地の山小屋の多くが宿泊人数の縮小や営業の中止、業務内容の縮小等をすでに発表されています。 そのため当然のことながら山小屋全体のキャパシティーが大幅に縮小されるのは明らかです。よって登山愛好家の皆さんにおかれては、シーズンに3回ぐらい登っておられる方は2回にするとか、確実にご自身の登山回数も減らしていただいたほうが、良いのではと思っている次第です。それは日帰り登山においても同様と思います。また週末に集中するのでなく、平日登山への分散化にもぜひともご協力をお願いいたします。これは今後の“新しい登山スタイル”にもつながっていくものと思います。また絶対に無理のないゆっくり登山の計画、例年以上の早出早着、グループ全員の体調の把握等をしっかりとお願いします。

 

2・当方に置いては、本年の新越山荘の営業は一切致しません。冷池山荘と種池山荘に物心両面から全力を集中いたします。冷池・種池両山荘とも7/15(水)営業開始予定で、50人程度の定員にして、可能な限りのソーシャルディスタンスを取って、完全予約にてお泊り頂く予定です。 なお前冬に受け付けした登山ツアー等が入っている日があります。そのため受付可能人数が減少する日もありますので、ご了承くださいませ。(6/9一部追加あり)

 

3また万一にもご予約無しで来られた方には、本年においては 小屋泊まりでもテント泊まりでも、ペナルティー料金を頂戴いたします。ご理解ご了承下さい。(6/30追加)

 

4・誠に申し訳ありませんが、自炊をともなう素泊まりは、今季はお断りをいたします。(自炊室が3密になるためと、緊急用に空けておきたいためです。自炊室の使用は禁止です。)

5・万一もどちらかの山小屋内において、感染者の確認があったときには、冷池山荘と種池山荘ともに営業は中止いたします。また周辺山小屋で同様の事例があった場合も中止 を検討させていただきます。

 

6・スタッフも通常よりは大幅に少ない予定ですので、従来からのサービスは縮小したり、取り止めてでも、衛生対策を第一に邁進しなくてはならないと考えております。よってお客さまによっては、サービスの低下や登山の制限、制約といった受け取り方をされるかもしれませんが、目に見えない感染症蔓延の非日常下での登山であることをご理解いただきたいと思います。

 

7・以下領域別にお願いを列記いたしますが、まだ悪天候時での対応等不明な点も多々あることをご了解いただきたいと思います。以後も新たな決定事項は更新日付とともに書き加えて参ります。

 

【お客様へのお願い・持ち物etc

8・マスク(小屋の中では着用をお願いいたします。できれば就寝時もお願いします)

 

9・消毒スプレー(もちろん小屋の各所にも配置しますのでご利用ください※ちなみに私自身は喉スプレーの小さな空きボトルにアルコールを入れて、常時ポケットに入れて使っています)  アルコールティシュ等

 

10・ゴミ袋(できればジップロック型のもの。ゴミは 必ずおうちまで持ち帰って処分してください)

 

11ご自分のインナーシーツ等を持参いただけると助かります。(従来から枕カバーやシーツといったもののご用意はしてきませんでしたが、今回については最低限の紙製枕カバー等の取り付けを考えています。また山荘でのヘリテージ社製(カモシカスポーツ)インナーシーツの有料販売も予定しています)

 

12・体温計(入山当日の登山口においても最終検温を実施して 下さい。もちろん37.5度を超えるような時は、入山を中止してください)

 

13ご宿泊は完全予約にてお願いいたします。本年においては、大人数でのグループ登山は避けていただければ助かります。 なおすでに前冬に受けているツアー会社等のご予約については現在も受け付け有効です。 なお本年の完全予約においてはキャンセル料 等も考慮いたしましたが、従来どおりにキャンセル料はいただきません。ただしキャンセルの際には必ずご一報下さるようお願い申し上げます。予約は前日の6時までに申し込んだものが対象です。当日の予約は一切受付いたしません。(7/21一部変更)

 

14予約 受付は6/22から開始の予定にさせていただきます。なお予約は電話のみで、ネットでの予約は本年は行いません。なお予約の際は、当マニュアルを熟読していただいた上で、@宿泊山小屋名A宿泊日B代表者のお名前C住所 D男女別人数E食事の内容F入山口(入山時間)or前日の宿泊小屋名 G下山口or翌日の宿泊小屋名 H電話番号(携帯及び固定)     をお聞かせください。(6/9変更:予約開始日を6/15から6/22に順延いたしました)

 

15・6/22開始の予約受付では、7/15(水)〜8/15(土)の間の分の予約を承ります。今後もまだまだ営業に不安定感が付きまといますので、期間を区切っていきたいと思います。なお8/16(日)以降の分については、7/27(月)から受付開始の予定です。(6/9追加)

16・なお山荘入場の際のスムーズな受付のために、ご宿泊者全員の名前等ご記入の名簿を持参いただきたく思います。 (当ホームページにひな型を載せる予定です)(6/9一部追加)

 

17・なお秋山へ向けての態勢作りのため、今期は8/31(月)〜9/3(木)の期間を、小屋泊まりに関してお休みさせていただく予定です。なおテント泊の方への対応は致します(6/9追加)

 

18・悪天候の際には、どうしても計画通りの行動ができないのは登山の常かと思います。できるだけ対応したいと思いますが、宿泊人数の超縮小化、ソーシャルディスタンスの確保等から、宿泊予定日の日延べ に応じるのが難しい場合もあるかと思います。その場合は、誠に申しわけありませんがご容赦下さい。

 

19・入山前の2週間の間に、発熱や咳の多発、倦怠感、嗅覚異常等の巷間言われているコロナウィルスの諸症状があった場合は登山を中止していただきたいと思います。例年にも増して、普段からご自分はもとより同居ご家族の体調管理に気を付けていただきたいと思います。

 

20・お客様には受付時にスムーズに入場していただけるよう、代表者は同行者全員の名前、年齢、住所、緊急時連絡先等を記入した名簿を書いていただきお持ちいただきたいと思います。(緊急事態発生の際にも素早く対応ができます)。到着後は代表の方お一人で、ご入場いただき受付をお願いいたします。受付が済むまでは、他のメンバーの皆さんは外でおやすみください。(名簿のひな形はこのホームページ上に掲載するようにいたします)

 

21・小屋へ入る際には小屋の非接触型体温計で検温いたします。到着時に37.5度以上の熱がある方は、個室への案内、そして部屋での食事を、お願いいたします。(その場合のトイレ利用法については検討中。)翌朝も37.5度を超えるような方は必ず下山をお願いいたします。心配な方については、保健所への連絡も考えます。(6/9変更:まれに平熱でも37度ぐらいの方がおられるということで、37.5度に変更しました)

 

22・小屋の中での大声での会話はおやめいただくことと、お客様間でもソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。

 

23・乾燥室の利用に当たっては、レインスーツ(カッパ)の上下以外の物干しは一切禁止です。濡れたTシャツや靴下、下着等は各自持参のビニール袋に入れて持ち帰って下さい。また階段の手摺りやストーブの周り、部屋の中等に干すのは絶対におやめ下さい。

 

24・登山道上でのすれ違いの際は、下山の方が広いところで待って、接触することなくスムーズにおこなってください。なお軽く笑顔で会釈であいさつをしましょう。近年待機せず強引にすれ違いをするようなことが、当然のような風潮がありますが、この際にきちんと、どちらかが待機する常識あるすれ違いをするようにしていきましょう。

 

【山小屋の対策】

25・玄関前、トイレ前、食堂前、ロビー等にアルコールスプレーやアルコールジェルを配置しますので、ご使用下さい。しっかりと手のひら、手の甲、指の間、手首まで練りこむようにしてください。

 

26・食器は本年に限って、全部使い切りの紙製食器、完封袋入りの割りばし等を ご用意いたします。またソースやしょうゆについても、小分けした小袋タイプのものをご用意いたします。

 

27・スタッフもマスク着用、場面によってはフェイスシールドの着用をして応対させていただきます。

 

28・ドアノブやテーブル、手すり、便座、洗面台等の消毒ふき取りを定期的にこまめに実施します。また換気も定期的にいたしますので、ご了承下さい。

 

29・小屋の備え付けの小屋内履きのスリッパと外履きのサンダルは番号を付けますので、お客様は決められた番号の物を、間違えることなくお使いください。消毒は午前中に一回の対応になると思います。

 

30・寝室の布団に関しては、枕カバー等の最低限のものを考えています。インナーシーツの販売も考慮しています。

 

31・客室内においては人と人の距離をしっかり取ることを前提 。マスク着用はお願いいたします。

 

32・スタッフも毎日3回の検温をはじめ、マスク着用、体調管理等の徹底をします。とにかく最大限の注意を払って、お客さまと自身の安全を守るよう衛生管理に尽力いたします。

 

【従来のサービスの変更】

33・スタッフの人数も例年に比べて大幅に少ないですので、従来からのサービスや対応ができないことも多々あると思いますがご了承ください。

 

34・本年の営業については過去の経験則がまったく通用しないことが予想されます。ビールやジュース等も一体どれくらいヘリで荷上げすればいいのか、皆目見当が尽きません。皆さんのご迷惑にならぬように、ある程度は荷上げする予定ですが、万一にも品切れといった情況になった際はご容赦下さいませ。ヘリ荷上げについては宅配便を頼んだりタクシーを呼ぶようなわけには参りません。

 

35誠に残念ですが、生ビール販売は行いません。(缶ビールのみでお願いします)

 

36・コーヒーも本年はインスタントコーヒーのみで対応させていただきます。 

 

37・軽食は種池山荘名物の焼き立てピザとカップラーメンのみです。ピザは今季は冷池山荘でも販売予定です。ぜひご利用ください。カレーと生ラーメンはやりません。

 

38・飲み水(生水)はペットボトルのみでの対応といたします。小屋の水道からの飲料水の給水は中止にさせていただきます。

 

39食事の際の飲酒はおやめいただきます。

 

40・食堂も通常は両山荘とも80人近く入れますが、今季は多くても20人から30人程度の入場とさせて頂きます。テーブル上の仕切り板は必要に応じて適宜使用い たします。

 

41・客室内の仕切りについては現在熟慮中です。基本は人間間の距離をしっかりと取った上で、お客様には就寝時にもマスク着用をお願いしたいと考えております。

 

42・談話室も入場者数は、絞ったうえで、椅子もその数だけしか出しておきません。またロビーでのお客さまの距離取りもお願いいたします。

 

43・残念ですが談話室の本や写真集も今年はお出しいたしません。

 

 【テント泊の皆様へ】

44・ここ5年以上ソロテント人気もあって、冷池山荘も種池山荘もテント場がオーバーユース状態で、張り切れない日や、適正な張り数をはるかに超え、足の踏み場もないような、ほぼ強引に設営する状態の日が多々あるような状況にあります。本年においては、“密”を避けるために、さらに“個室テント”が増えるのは火を見るより明らかであります。そんな中本年においては、テント場といえども、やはりソーシャルディスタンスを図らなければなりません。よってテント場も冷池山荘で35張り、種池山荘で20張りを上限に事前予約で受付したいと考えております。ただ事前予約では場所のお取り置き等は一切しませんので、冷池テント場のような斜面がちなテント場では、遅い到着なら当然のことながら、傾斜してたり岩がゴツゴツしたところしか無いといったことも考えられますのでご了解ください。(6/22以降受付開始予定)

 

45また万一にもテントのご予約無しで来られた方には、本年においてはペナルティー料金を 別途徴収いたします。ご理解ご了承下さい。また同一テント場に連泊予定でご予約された方には、どのような形でお泊りになっても、たとえ一泊であっても連泊分の料金を頂戴いたします 。また予約は前日の午後6時までに受け付けたものが対象です。当日の受付は一切いたしません。(6/30追加)

46・ご予約キャンセルの際はキャンセル料も考慮いたしましたが、いただかない事に決定いたしました。キャンセルの際は必ずご一報下さいませ。(7/21追加)

 

 47・テントの方にも飲料水はペットボトル(500_ or  2g)のみでの販売になります。

 

48・テントの方もスムーズな受付のために、全員の名前等ご記入の名簿を持参いただきたく思います。 (当ホームページにひな型を載せる予定です)(6/9一部追加)

 

49・トイレは山荘の外トイレをご利用ください、小屋内のトイレは使用できません。

 

50・テントの方の、山荘における小屋食(夕食・朝食とも)は本年は承りません

 

51・台風や突然の雷等の際にも、小屋へ逃げ込むとか、小屋泊まりに変更といったことも、満員の際にはできませんのでご了承下さい。(6/9追加)

 

52・テントの方の夕食作りの時などの、山荘外ベンチの使用や小屋の自炊室の使用は一切できません。

 

【日帰りの方へ】

53・外ベンチも席数を制限する予定です。スムーズに多くの方が利用するためにも、そこでコンロなどを用いてコーヒーを沸かしたり、炊事したりするのは絶対におやめください。

54・日帰りの方も緊急事態発生の際に、蔓延防止に向けてスムーズな対応ができるよう、名簿をご持参いただいて山荘に提出していただければ幸いです。

 

55・日帰り登山の方も今季は登山回数を減らしていただきたいと思います。またどこの山小屋も定員縮小のうえで、事前予約 を徹底する予定でおられます。万一の場合泊まれないことも考えられますので、絶対に無理な行動、特に子供を連れた無茶な行動は絶対になさらないで下さい。

 

 ※以上何卒よろしくお願い申し上げます。なお追加のものが出てくると思われますので、随時日付の表示とともに、更新してまいります。