トップページ    山荘 ・テント案内&予約方法  予約状況カレンダー  今までの情報    

 柏原新道登山口周辺駐車案内図   扇沢方面駐車場案内表

  柏原新道を登ろう       パウダーパフ    コース    2021バス時刻表    花 便 り 

 ▲▲  最 新 情 報   更新日 : 2021/ 6/ 4▲▲

2021年  北アルプスを愛する全国の登山愛好者の皆様へ 

 本年3月22日に北アルプスに建つほとんどの山小屋が加盟する『北アルプス山小屋協会』では、所管の環境省『中部山岳国立公園事務所』とともに、昨年来の新型コロナウィルス禍にともなう山小屋の困窮および近年のヘリコプター荷上げ環境の激変や著しい気候変動、そしてスタッフ確保の困難さ等が複雑に絡み合って、従来は山小屋が自費で行なってきた登山道整備や各種情報提供、また遭難救助等への対応が今後困難になっていくのではなかろうかという思いのなかから、『北アルプスにおける山岳利用についてご理解・ご協力のお願い』を発表いたしました。これは今後も末永く北アルプスの山岳利用そして登山文化の持続可能性を追求する為のものであります。ぜひ皆様にもご一読いただき一層のご理解ご協力をお願い申し上げる次第であります。

 

クリックして下さい→ 『北アルプスにおける山岳利用についてご理解・ご協力のお願い』

  

NO 2573  Tシャツの新作『釼斧』(ケンノフ)完成。

2021 6/ 4(金) 

   しばらくお天気が続きましたが今日は梅雨空が戻った北アルプス山麓です。このまとまった雨はさらに雪融けを加速させそうです。さてあっという間の6月入り・・・  新型ウィルス禍もなかなか先が見えてこないし、気ばかりあせって来るこの頃です。

  さてそんななか新作のTシャツが無事に完成して納品されて参りました。背中に『釼斧』の毛筆の2文字がプリントされたものです。ケンノフと読みます。江戸時代の大町周辺の古地図を見ると、鹿島槍ヶ岳あたりにはケンノフとの表記があります。若い頃からケンノフっていう言葉の響きがいいなあってずうっと思っていました。

  今回このコロナウィルス禍の閉塞感が続く中で、どうせなら自分も含めみんなに元気が沸いてくるようなTシャツが作りたくて、自分がケンノフに漢字を当てはめるなら釼(けん=つるぎ)と斧(ふ=おの)だなって思っていたものを実現してみました・・・ 『釼斧』(ケンノフ)って、なんか力強くそして元気が沸き立つような言葉に思えませんか? ちなみにケンノフにはケンノウ(玄能)という説もあります。今夏は山へ行った際にはぜひお買い求めいただきご着用いただけたら幸いです。

  ちょうど今週末と来週末は爺ガ岳スキー場にある焼き立てピザの店『パウダーパフ』も営業しておりますので、そちらでも先行販売しようかと思っています。ぜひお立ち寄りくださいませ。夏には冷池山荘と種池山荘で7月上旬のヘリ荷上げが完了後に販売開始いたします。また種池山荘名物の焼き立てピザも7月17日の週末からは開始する予定でおります。そちらもよろしくお願い申し上げます。

鹿島槍ヶ岳古名『釼斧』(ケンノフ) 冷池山荘
サイズはS/M/L/XL です。
色はネイビー・深緑・ディープレッド・ライム・サックスブルーの5色です。

NO 2572  梅雨の中休み。

2021 5/ 26(水) 

  5月17日の梅雨入り以降は、梅雨らしい空模様が続く北アルプス山麓です。なお寒気が通過した昨晩は強風を伴なう夕立になって、落雷も重なり停電も何回か発生した大町市の北部です。今日も午前中はまだひんやりとした大気が漂っています。

  そんななか外へ出てすっきりと姿を現した岳を見ると、昨夕の雷雨は岳の上では、降雪になったようで、下から望む鹿島槍ヶ岳以北の山々は2500mより上は薄っすらと新雪に覆われているのがわかります。先般22日夜にも降雪のあった鹿島槍ヶ岳周辺ではありますが、そうは言ってもそろそろ雪仕舞いの時期も近くなってきた頃かなと思っています。

  そして来週にはいよいよ6月入りということで、夏山シーズンへ向けてムードも高まっていってくれれば嬉しいのですが・・・  ただ相変わらず続くこのコロナウィルス禍ということで、このあと開催予定の夏山シーズン入り近しを伝える白馬岳の貞逸祭も針ノ木岳の慎太郎祭も昨年に続いて、山麓での関係者による神事のみの開催になってしまいました。今はワクチン接種の進展と順調な梅雨明けを期待しながら夏山準備に気忙しく動き回る毎日です。

お天気は今日一日みたい・・ 明日は梅雨空が戻りそうです。(5/26)
新雪が五竜岳頂上部に冠る朝です。五竜山荘の営業も7/3からの開始予定です。(5/26)
鹿島槍も所々の黒い岩肌が新雪に染まります。(5/26)

NO 2571  どっぷり連日の梅雨空。

2021 5/ 21(金) 

   5月17日の日曜日以降、5日間連続で雨模様の北アルプスそして山麓の大町界隈です。気象庁がどうして “長野県” や北陸の梅雨入り宣言を出さないか全く理解できませんが、“五感” を持ち合わせる者なら誰しもがもはや梅雨入りの感覚でしょう。今後たとえどんなに梅雨の中休みが続こうが、やっぱり梅雨入りですよね。

  さて例年になく早い“梅雨入り”で、今年の梅雨シーンがどうなるか心配ですし、北アルプスの雪解けの状況も気がかりな時期になってきました。4月の中頃の具合では、冬季の超少雪もあって今年は相当な早さで雪消えが進むものと思っていましたが、4月末から5月上旬の降雪続きや寒さで、その後は雪消えのスピードも一気にダウンした感じでした。現在はほぼ平年並みの残雪量か、場所によってはやっぱり少な目かなといったところです。なお当方の冷池山荘と種池山荘は、当初の予定通り7月3日(土)からの宿泊開始を予定しております。

  ところで、今春は爺ガ岳スキー場がスキー場内にキャンプ場を急遽オープンされたものですから、私どもの焼き立てピザの店 『パウダーパフ』 も週末に 営業させていただいております。明日5月22日(土)と23日(日)、そして5/29・5/30・6/5・6/6・6/12・6/13はオープンしておりますので、お近くの皆さまはぜひお出かけ下さい。営業時間はAM 11:00〜PM 4:00で、テイクアウトもOKです。また夏山においては種池山荘にて7月17日頃より焼き立てピザを今年もお召し上がりになれますのでぜひともご賞味下さいませ。  

昨日の午前中は雨も一服・・・ 田植えはほぼ完了の大町周辺です。(5/20)

NO 2570  ワクチン接種後の副反応について。

2021 5/ 18(火) 

  新型コロナウィルス禍はまだまだ終息への道筋が見えない状況にあります。そんななかで今夏も、昨年の経験も活かしながら、各種対策の下で粛々と山小屋営業に向かって参りたいと思っています。皆様には引き続きご協力の程よろしくお願い申し上げます。

  さてこのコロナウィルス禍においてワクチン接種が開始されたことはたいへんな朗報なのですが、このところの国内は、ワクチン接種の予約の手順のことで、大混乱状態といった感じで、多くの国民が困惑している状況かと思います。そのような状況下、私事のお話しで誠に恐縮ですが、少々お付き合い願えればと思います。

  実は本年 私も高齢者の仲間入りをしまして、長野県内19市の中では一番早くにワクチン接種が開始された大町市にあっては、4月上旬に早々にワクチン接種券が大町市より郵送されて参りました。その後申し込みが開始され、大町市においても電話による先着順受付制によって、少々の混乱もあったようでしたが、順次受け付けがなされその後ワクチン接種も無事に開始されました。 

  私もできれば月下旬の冷池山荘入山の前に、副反応への対応等も考えつつ、時間的余裕を持って1回目の接種を受けたいという思いがありましたので、ご多分に漏れず、必死に予約電話をすることになってしまいました。おかげで予約開始日目に都合200回ほどの電話リダイヤルでワクチンコールセンターへつながることが出来て、月と月に2回の接種を予約することができ、すでに回のワクチン接種を完了することができました。

  そこでかなり早い段階で接種が完了した者として、皆さんにお伝えしたいのが、ワクチン接種後の副反応の状況です。正直言って現在もワクチン受付の混乱のみが大きく報道されるばかりで、副反応についてはほとんど報道されていない状況ではなかろうかと思っております。巷間言われていたのは、度目の方が副反応が出やすい、また女性のほうが出やすいといったぐらいの情報だったでしょうか・・  なお私自身にアレルギーがあるので、接種した後は日間ぐらいはしっかりと大人しくしていなければならないという自覚はありました。 

  幸い回目の接種のあとはびっくりするほど、何の影響も現れませんでした。注射したところの痛みも腫れもほとんど出ることもありませんでした。ところが回目の時は接種実施のほぼ24時間後に、一気にかなり強烈な倦怠感、体のふらつき、発熱症状が現れて、立っているのもつらいくらいでした。翌日も結構ぐったり気味で、ほぼほぼ布団で横になっている状況でした。日目は少し体調も回復傾向でしたが、夕方にはまたぐったり・・・ という感じに。またその翌日も夕方には少々ぐったりといった感じでした。総じて体調が確実に安定してきたのは、私の場合は接種後日目だったでしょうか。

  人それぞれ体質も体力も違うでしょうし、ワクチン接種への反応も違うでしょうが、それでもやっぱりワクチン接種後の確実な体調管理と無理な行動はおやめ願いたいということです。それだけは皆様に強くお伝えしておきたいと思います。自分自身の場合のことを考えても、度の接種も無事に完了したからもう安心なんて思って、数日後に登山でもしていたものなら、もしかして大変な目に遭っていたかもしれないという思いなのです・・・ 

  なお私はワクチン接種が新型コロナウィルスに対抗する最も効果的な手段であり必要なものだと思っていますし、危険だなんてことを申し上げているわけでは全くないことを申し添えておきます。まだこれからほとんどの皆さんがワクチン接種の予約をされて実際に注射をされることだと思います。またその一方で今夏の登山や海水浴、旅行といったものを計画されている方も多かろうと思います。とにかく計画の際には、ご自分のことはもちろんのこと、参加者全員の体調管理は昨年に続いてしっかりとお願いしたいと思いますし、今後はワクチン接種された方についてはその接種日時をしっかりと把握され、副反応等は出てないか、また確実に体調を見極める時間が費やされているのかどうかもきちんと確認していただかねばならないと思います。とにかくワクチン接種の予約日と登山の計画や山小屋の予約日はしっかりと間隔を開けてお願いしたいと思います。

  医療関係者でも厚労省でも保健所職員でもありませんが、一山小屋経営者の経験から個人的見解として、参考にしていただければ幸いです。 

 

本日のお昼どきのワイドショー画面より。バイキング ひるおび

NO 2569  長野県内にお住まいの皆様へ。

2021 5/ 13(木) 

   明日5月14日(金)の夜7:30からNHK長野で放映される、信州を知るテレビ 『知るしん』 にて、5年ほど前に撮影されNHK BS放送にて全国放映も何度かされている 『にっぽん百名山 鹿島槍ヶ岳』 が長野県民向けに再度放映されるそうです。今回は大町育ちのプロガイドの三戸呂拓也さんが柏原新道を登って種池山荘、爺ヶ岳、冷池山荘を通って鹿島槍ヶ岳登頂をする人気シリーズです。ぜひご覧になっていただき、コロナウィルス禍の鬱屈した空気を振り払っていただき、夏山へ思いを馳せていただければと思います。

NO 2561  北アルプスを愛する全国の登山愛好者の皆様へ 

2021 3/ 29(月) 

 本年3月22日に北アルプスに建つほとんどの山小屋が加盟する『北アルプス山小屋協会』では、所管の環境省『中部山岳国立公園事務所』とともに、昨年来の新型コロナウィルス禍にともなう山小屋の困窮および近年のヘリコプター荷上げ環境の激変や著しい気候変動、そしてスタッフ確保の困難さ等が複雑に絡み合って、従来は山小屋が自費で行なってきた登山道整備や各種情報提供、また遭難救助等への対応が今後困難になっていくのではなかろうかという思いのなかから、『北アルプスにおける山岳利用についてご理解・ご協力のお願い』を発表いたしました。これは今後も末永く北アルプスの山岳利用そして登山文化の持続可能性を追求する為のものであります。ぜひ皆様にもご一読いただき一層のご理解ご協力をお願い申し上げる次第であります。

 

クリックして下さい→ 『北アルプスにおける山岳利用についてご理解・ご協力のお願い』

  

NO 2560  本年の営業体制の概要です。

2021 3/ 15(月) 

    皆様方には昨年来の新型コロナウィルス禍のなか、山小屋運営にご協力ご理解いただき誠にありがとうございます。本年におきましてもまだまだ新型コロナウィルス禍は続いているわけですが、昨シーズン実施した対応策にほぼ準じた対策等を講じて本年も営業再開に向けて邁進していく所存です。  (昨年度の新型ウィルス対策はトップページに残っていますので、参考にして下さい。6月までにはしっかりと見直しして書き換えて参ります。)  ご協力の程なにとぞよろしくお願い申し上げます。遅くなってしまいましたが、おおよその本年の営業概要になります。

    なお昨年は宿泊定員を4分の一以下に削減したり、登山者の皆さんの入山自粛もあって、小屋の売り上げも大幅なダウンになり、かってないたいへん厳しいシーズンになりました。今季においては定員も若干緩和して参りますが、難局はまだまだ続いて行くものと思われます。つきましては大変心苦しいところですが、皆様方には宿泊料金やテント料金等の値上げへのご理解を賜りますようお願い申し上げる次第であります。

  下記は現時点での2021シーズンの営業方針概要です。今後もコロナウィルス感染状況等を見ながら、随時内容の変更や追記をして参りたいと思います。 今は今夏の感染状況に改善が見られることを信じつつ、制約もまだまだ多い頃かと思いますが、皆様に北アルプス登山をご計画いただけましたら幸いであります。

  なお山荘テント案内ページの内容がまだ書き換えられていませんのでご注意下さい。

 

2021年度 営業体制概要 2021/03/15
T.2021年予定   開設期間 冷池山荘

7月3日(土)〜10月16日(土)のご宿泊まで(予定)

種池山荘

7月3日(土)〜10月16日(土)のご宿泊まで(予定)

新越山荘

7月17日(土)〜8月15日(日)のご宿泊まで(予定)

 

※なお例年営業している冷池山荘春山の小屋泊り営業に関しては、今のところ中止の予定でおります。一応小屋の管理や除雪作業のために、スタッフは入山予定でいますので、入山した際は、G.W中のテントの方への最低限のトイレ対応や売品の販売等はする予定です。

※新越山荘は期間を例年に比べ大幅に短縮しての営業となります。

U.予約について   ※冷池山荘と種池山荘に関しては、3月30日(火)10:00から、本年も完全予約にてご予約を受けて参りたいと思います。本年におきましても今のところはネット予約は中止し、電話のみでの対応を予定しています。

※なお新越山荘の受付は6月1日(火)以降開始する予定です。      

※現在キャンセル料をいただく予定はありませんが、定数大幅削減の中、不確実な予約は小屋にとっても、他のお客様にとってもマイナスになりますので、確実な日程でお願いいたします。山小屋の今後の安定した継続にも関わることですので、ご理解をお願いいたします。またご自分の予約内容はしっかりと手元で保管もお願いいたします。

V.定員について 冷池山荘 一昨年まで250人→→→昨年50人→→→ 本年100人の予定
種池山荘 一昨年まで200人→→→昨年50人→→→ 本年80人の予定
新越山荘 一昨年まで80人→→→昨年休業→→→ 本年25人の予定
W.料金について   2021年料金(税込) 週末(金土日)及び連休・祝日 平日(月火水木) 参考:昨年
一泊2食付き 12000円 10800円 10000円
一泊夕食付き 11000円 10000円 9100円
ちらし寿司弁当 1100円 1100円 1000円

※週末に集中する入り込みを、何とか平日へも分散平準化できるよう、平日の金額を割引いたします。2年続きの大幅な定数削減の中で、平日にも平均してお泊りいただくのが、今後引き続いて山小屋が安定経営していく手立てのひとつと考えております。

※本年も完全予約に付き、万一予約なしで来られた場合は3,000円の割増料金を頂きます。必ず前日までにご予約をお願いいたします。

X.素泊りについて  

※自炊室が狭く3密になりやすいため、昨年に続き本年も素泊まりは承りません。

Y.テント泊について  

※今季も混雑予想日については、張り数を制限させていただきます。またテント料金はお一人様1張り 2000円を基本とさせていただきます。

※1張りに複数人の場合は、お一人に付き1000円追加になります。(1張りに2人なら3000円、3人なら4000円、4人なら5000円となります)

※2人で来られて、2張りの場合は2000円+2000円=4000円になります。

※本年もテント泊まりの方の、小屋食(夕食及び朝食)は承りません。

※テントの予約については、昨年を参考にして、週末等の混雑が予想される日のみ完全予約で受付して制限させていただきたいと思います。こちらは4月13日(火)以降予約受付を開始する予定です。

※テントの要予約の混雑予想日については後日掲載いたします。

Z.宿泊名簿について  

昨年同様に当ホームページに今後掲載する宿泊者名簿(小屋泊り及びテント泊り)を印刷の上で、出発前に自宅でしっかりとすべてを記入した上、お持ちいただくようお願いいたします。受付が短時間でスムーズに完了してフロント周りが3密にならないようにするためです。また全員の名簿を事前に記入して頂くことで遭難等のトラブル発生時にも素早い対応が 可能になります。

[.飲食メニュー   昼時のみラーメン・カレーライスを販売予定。焼き立てピザは種池山荘のみで販売いたします。

 ホーム    今までの情報   パウダーパフ