▲▲  最 新 情 報   更新日 : 2019/ 9/ 19 ▲▲

  扇沢方面駐車場案内表   ホーム    山荘案内予約   柏原新道登山口周辺駐車案内図

   山荘予約フォーム(カレンダー)(ネットにて、ご予約できます。)  柏原新道登ろう   

     今までの情報      パウダーパフ    コース    2019バス時刻表    花 便 り 

NO 2404  お天気サイコー。

2019 9/ 19(木) 

   予想された今日明日の好天を狙ってお客さまも昨日からぼちぼち上がってきて下さっています。本日雲海の下の日差しも少ない扇沢から柏原新道を上がってきた皆さんは、柏原新道の途中から雲海の上に出て、雲ひとつない最高の秋空に大感激そして大満足の一日になっています。秋の山も最高ですね!

登山口の扇沢も、大町も安曇野も雲海の下。まさに雲の海の午前10時。種池山荘手造り焼きたてピザの営業開始の時間で〜す。
待ってました!爺ヶ岳も今朝の冷え込みで少し色が乗ってきた感じ!
雲ひとつ無い鹿島槍ヶ岳。昨日雨の中を登って来られた皆さんは頂上でガッツポーズですね。

NO 2403  秋本番へ。

2019 9/ 19(木) 

   今秋いちばんの移動性高気圧がやってきた今朝は“北アルプス晴れ”の朝を迎えました。放射冷却も手伝って最低気温はこの秋で最も低い3度まで下がりました。小屋の周りで霜や氷は観測されてはいませんが、小屋よりも標高が450m以上も高い鹿島槍ヶ岳頂上では、霜や氷も張ったかもしれません。また同じ北アルプスでも標高がずうっと高い白馬山荘や槍ヶ岳山荘、北穂小屋などからは、初氷の情報が届くかもしれません。

  おりしも北海道の大雪山系の黒岳では昨夜から初雪が舞い、朝には5センチほどの積雪になっているとか・・・  北海道のお天気が回復すれば、ほぼ平年並みといった感じで初冠雪の報告が大雪山や利尻岳などから届くかもしれませんね。とにかく北海道だけでなく北アルプスも、季節は秋本番へ向けて大前進! やや遅れ気味だった木々の紅葉も加速してくれそうです。このお天気は明後日の朝ぐらいまではなんとか持ってくれることでしょう。

  ただ心配なのは、台風17号?になるであろう熱帯低気圧と秋雨前線の連動です。気象情報を3連休の最直前までチェックの上で、明後日から始まる秋分の日3連休の山行を計画決定なさってください。

今朝は冷池山荘ベンチには霜も降りませんでしたが、もういつ初霜や初氷があってもおかしくない時季を迎えました。
雲海に浮かび秋の空におおわれる今朝の鹿島槍ヶ岳。
冷池山荘周りのミネカエデやクロウスゴの木々も色付き始めました。後方に爺ヶ岳。

NO 2402  冷たい雨が上がって。

2019 9/ 18(水) 

   雨は朝方から昼前を中心に、その後は降ったりやんだりの一日でした。それでも夕方には雨も、周囲を覆っていたガスも上がり、明日の好天を期待させる空が広がってくれました。明日明後日の好天を信じて、冷たい雨の中を上がってきて下さったお客さまもホッとされた瞬間でした。

  明日の朝、そして明後日の朝と好天下、冷え込みも強まりそうですが、紅葉の進捗にダメージを与えるような強烈な降霜だけは避けてほしいものですね。

  そしてその後に控える秋分の日3連休の天気ですが、台風17号?になるであろう熱帯低気圧と秋雨前線の動き次第であり、なかなかむずかしいところです・・・ 今は大きな影響がでないことを願うばかりです。

午後は霧雨と濃いガスにずうっと包まれた種池山荘でした。
ガスも取れて薄っすらと染まる一日の終わりです。
木々の中では最後に紅葉する種池山荘周りのナナカマドはまだまだ青々としています。

NO 2401  移動性高気圧の季節。

2019 9/ 17(火) 

   連休明けも早速の移動性高気圧のおかげでまあまあのお天気で始まりました。この先は昨日も書いたように、木曜から金曜日にかけてはもうひとつ大きな移動性高気圧がやってきそうですので、期待大です。 なおフィリピン東沖にある台風になるのかならないのか、微妙な熱帯低気圧も昨日の予想進路図よりも、今夕のそれでは、もう少し西寄りを北上しそうな予想に変わってきているような感じ・・・ さらに西寄りに進んでくれたらうれしいんですが・・・ ただ し秋雨前線との連動も心配しなくちゃいけないので、秋分の日連休直前まで天気図や天気予報から目は離せません。

  ところで朝の気温もまあまあ下がるようにはなってきたのですが、主稜線の紅葉の進み具合は今ひとつペースが上がってこないような感じです。それでも今週末以降にはかなり色も乗ってきて、月末から10月上旬にかけては錦織りなす素敵な斜面を広げてくれるものと期待しております。毎年毎年微妙に違う紅葉前線の到来にはドキドキ感が寄り添います。紅葉のためにも台風はそれて行ってほしいものですね。

当初の予報よりはるかに良い感じの3連休明けに、お客さまもにっこりですね。
種池平の紅葉黄葉も少しずつ前進です。
冷池山荘前のクロツリバナが可愛らしいピンクの実をつけました。ツリバナの裂花状の実って可愛いですね。
冷池の周りも秋の気配が日に日に深まる頃。オニヤンマが飛んでいた夏が懐かしくなります。
アザミの花もとうに盛りを過ぎました。鹿島槍にはやや湿っぽい雲がまとわり付く朝でした。
その後日中はガスったり晴れ間がのぞいたり、霧雨の時間もあったりのお天気でしたが、夕方にはご覧の青空も・・・ ただ明日も日中は雨の時間帯があるみたいです。明後日からのお天気に期待!

NO 2400  万感! 敬老の日3連休。

2019 9/ 16(月) 

   最終日の今日も朝方の好天は、昼前には完全にガスの中に隠れてしまい、その後は霧雨がそぼ降る時間帯もあったりしましたが、総じて安定したお天気に恵まれた3連休となりました。 おかげ様で小屋もテント場も売店軽食も連日大にぎわいで、スタッフもてんてこ舞いの3日間でした。そんななか事故やトラブル等の報告もなく、みなさん無事に下山の途につかれたであろうことが、一番の朗報でしょうか・・・  いろいろとご協力ありがとうございました。

  さてこのあとはすぐに、秋分の日3連休がやってくるわけですが、明日から週末までは台風17号? の発生および進行方向が気がかりな週中になってしまいそうです。なんとかそれて行ってくれたらうれしいのですが・・・・  今度の土日も多くのご予約を頂戴しておりますが、皆さん毎日しっかりと気象情報をチェックしていただきたいと思います。 なお木曜から金曜日にかけては高気圧やってきそうですし、今の感じでは土曜日までは大丈なような感じですので、前倒しできる方は早目にご計画いただけたらと思っています。とにかく進行が遅くなったり、進路がそれて、秋分の日3連休に、台風等の影響が無いのがいちばんの願いですが・・・・  

  また今日の天気予報を見ていると、今週は北海道には寒気が流れ込んで初雪の可能性も・・・ なんていう話題もチラホラ出ています。北アルプスの温度も一段下がる可能性がありますので、一枚上着を持参願いたいと思います。大雪山や富士山、そして北アルプスの高い山ではもういつ初雪がチラチラ舞ったり初氷が張っても不思議でない季節に入ってきています。    

午後にはほとんどのお客さまは柏原新道を下山されて、すっかり静かになった種池山荘です。敬老の日3連休は多くの登山者の皆さんに、柏原新道をご利用いただきありがとうございました。
夏には大きな白い穂花をたくさん付けたコバイケイソウも枯れ穂が林立する季節です。主稜線の木々の紅葉はここにきてやや遅れ気味の感じです。

NO 2399  連休二日目。

2019 9/ 15(日) 

  敬老の日3連休は、予報通りの二日連続の好天になりましたが、日中はガスのかかる時間帯が多く、ちょっとだけ残念でした。それでも今日も昨日に続いて主稜線はたくさんの皆さんが行き交い、初秋の北アルプスを大いに堪能されたことと思います。最終日の16日もまあまあのお天気が期待できそうで、二泊3日で鹿島槍ヶ岳を登頂されたり、五竜岳〜鹿島槍ヶ岳を縦走される皆さんにとっては最高の3日間になりそうです。  

新越山荘の営業はあと一週間ほどになってしまいました。次の秋分の日3連休も何とかお天気に恵まれて有終の美を飾ってほしいものです。23日のお泊りまでです。
朝方はバッチリでしたが、夏の天気のようにガスが早くに上がってしまい、ちょっとだけ残念。
新越山荘からは白馬連峰はもちろんのこと、日本海まで望む連休2日目の朝でした。
種池山荘からの針ノ木岳、蓮華岳。
皆さん紅く染まる周辺の峰々に歓声の夜明けでした。

NO 2398  感謝の一日。

2019 9/ 14(土) 

  一番は何といっても最高のお天気とこの自然! そしてお客さまに、スタッフに、全てに感謝の一日となりました。敬老の日3連休の初日は素晴らしいスタートがきれました。小屋もテント場も今季一番のにぎわいになりましたが、皆さんご協力ありがとうございました。明日もさわやかな秋空の下、素敵な初秋の鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳、針ノ木岳を満喫していただけるはずです。  

上空には雲ひとつない絶好の秋空が広がる3連休の幕開けです。
明日も剱岳立山をたっぷりと眺めながらの稜線漫歩が楽しめそうです。
種池山荘前はベンチの空く時間もないほどの大にぎわいの一日でした。
夏のお花の時期と秋の紅葉の狭間の時季ですが、やっぱり岳って最高ですね!

NO 2397  期待の敬老の日3連休に向けて。

2019 9/ 13(金) 

  午前中は高曇りで日差しも弱い感じでしたが、午後にかけては太陽のありがたみ、暖かみを感じる爽やかな日が射す一日となりました。夕方にはこうこうとした中秋の名月も昇り、明日から始まる3連休に向けて最高の前夜祭といった感じです。

  なお明日は冷池山荘、種池山荘ともに相当に混み合いそうですのでご協力をお願いいたします。またテントは今夜も冷池、種池両テント場ともにまあまあの入り込みです。明日明後日とテント場も相当に混雑しそうです。こちらもできる限り、テントの間隔を詰めて一張りでも多く設営できるようしていただきたいと思います。

  また扇沢登山口周辺の駐車スペースは三連休中 滅茶苦茶混雑します。絶対に道路への路上駐車やはみ出し駐車はなさらないようお願いします。黒部ダムに入る観光客を乗せた大型バスが通行できなくなったり、大渋滞の元になります。ひいては外国人観光客の帰国トラブルにも繋がりかねませんので、絶対にやめてください。当登山口は登山者だけでなく、年間100万人の国内外の観光客の皆さんも入る登山口であることをお忘れなきよう願います。また大谷原から入山される場合、駐車スペースが満車のときは、大谷原登山口(大冷橋)から大町方面に500mほど戻って、鹿島槍スキー場へ向かう三差路にあるスキー場専用の大駐車場の東側方向に停めさせていただいて、歩いて10分の大谷原登山口に至ってください。

  三連休の最終日の午後遅くには雨も降り出すかもしれないようですが、初日2日目と初秋の北アルプスを満喫できる絶好のお天気に恵まれることを期待しております。夜明けはすっかり遅くなり、夕暮れはびっくりするほど早くなっています。無理な行動なきよう、トラブル発生のない今秋最初の最良の3連休にしたいですね!  

信州側は終日の雲海。雲海の下の日差しない曇天の扇沢から、柏原新道を登って来られたお客さまは山の上の好天に大感激! 登山ってやっぱいいですね!
種池山荘では本日より “タネイケ秋のピザ祭り” を開始いたしました!  ピザと生ビールで爺ヶ岳に乾杯! ピザはam10:00〜pm1:00の販売です。
初秋の穏やかな西日を浴びる鹿島槍ヶ岳。明日も明後日も期待できそう・・・
三連休はこの道を多くの登山者が爺ヶ岳へ、そして鹿島槍ヶ岳へと向かわれることでしょう。

NO 2396  雲表の一日。

2019 9/ 12(木) 

  秋雨前線も通り過ぎ、昨日の強雨もすっかり上がった本日は、終日を通して秋空が広がる絶好の一日となりました。朝の最低気温は3.5度ほどまで下がって、もちろん今秋一番の冷え込みとなりました。また日中にしましても、稜線を渡る風は涼風というよりも、もう少し冷たい感じで、また一歩季節は前に進んだ感じでした。

  午前中から信州側にも黒部側にも雲海が現れるという珍しい光景は夕方まで続き、稜線歩きの楽しみを倍加させてくれました。なお明日には日本のはるか南に台風16号の発生もありそうな気配ですが、敬老の日3連休には影響はないみたいでよかったです・・・ 台風15号の被災地の復旧を遅らせるような、更なる台風の接近は断じて遠慮願いたいものです。

  いよいよ始まる秋の三大3連休! 第一弾の敬老の日連休は大いに期待したいものです。そして今朝の冷え込みで、周辺の木々も紅葉に向けてしっかりと目覚めてくれたことでしょう。

  なお昨日もお知らせいたしましたが、14日(土)の冷池山荘は満館状態でご予約を現在お断りしている状況です。なにとぞご理解の程よろしくお願いを申し上げます。また同日は種池山荘もかなり混み合いそうですし、テントに関しても冷池テント場、種池山荘テント場ともに相当混雑して、張れないような場合もありますのでお気をつけください。

秋のお花も早や最盛期を過ぎました。新越山荘からの針ノ木岳。
信州側の雲海は高い位置まで盛り上がります。
黒部峡谷を覆う雲海。今日は剱岳が夕方まで一日中寄り添ってくれました。
種池平のミネカエデの低木の黄葉はそろそろピークのようです。これからは周辺の木々の紅葉黄葉が始まっていきます。
チングルマの綿毛もまもなく舞い散る頃を迎えます。扇沢を埋める雲海。
吊り尾根に残る雪渓もあとわずか・・・ アザミの花は盛りを過ぎ、鹿島槍ヶ岳も秋へと移ろいます。
冷池山荘の庭に咲くゴマナがうろこ雲と爺ヶ岳に似合います。秋到来ですね。

NO 2395  赤岩尾根道直し。

2019 9/ 12(木) 

  夏の最盛期にはなかなか時間が取れない道直しですが、連休を前に赤岩尾根に行ってきました。先週の作業に続いて、今回は段差の大きな箇所の段差解消の工事。現地の石や風倒木を用いての階段工の設置作業。以前から気になっていた箇所を数箇所直すことができました。

  赤岩尾根、柏原新道、鹿島槍ヶ岳〜爺ヶ岳〜赤沢岳間と結構守備範囲が広いので、なかなか行き届かない点が多々ありますが、時間を作りながら地道にやっていきたいです。

いろんな道具を合わせればすぐに50kgを超えます。みんなで頑張っています! 登山道はとっても大切なライフライン。 千葉県の電気復旧工事の皆さんも頑張って下さっています。
↓↓  現地の浮石を2個用いて段々を作りました。 ↓↓  
↓↓  200kgもあろうかという大石と昨秋台風で倒れた丸太と、小屋から用意した留め板を用いて60センチほどの段差を解消することができました。  ↓↓

NO 2394  岳でも里でもライフラインが一番。

2019 9/ 11(水) 

   一昨日9日の朝方千葉県に上陸した台風15号は、当地においてはごくごく普通の雨と風が少し吹いた程度で、何ら影響はありませんでしたが、千葉県を中心に送電塔や送電線、電信柱等に倒壊による甚大な被害が出て、今現在も数十万軒ものお宅や事業所で停電や断水が続いているという大変な状況にあり、心よりお見舞い申し上げる次第であります。当方の千葉大山岳部冷池山荘診療所の先生方の病院等にも、大きな支障が出ているのではと心配しているところです。一刻も早く各種のライフラインが完全復旧されることをひたすら願っております。

   さて台風通過後も思ったほどは、すっきりした天気にはならず、ガスや雲間の時間帯が多い空模様になっております。本日は秋雨前線の南下もあり午後は強い雨が降る時間帯が目立ちました。なお週末の敬老の日3連休については、今夕現在まあまあのお天気が期待できそうということもあり、9月14日(土)の冷池山荘においては、ほぼ定員に近いご予約数になり、この先のご予約はお断りせざるをえない状況です。種池山荘に振り替えていただくか、新越山荘方面をはじめ他の山域への山行計画の変更をお願いしたいと思います。またテント場も例年9月の3連休はものすごく混み合いますし、扇沢登山口周辺の駐車スペースも、黒部ダム観光の皆さんの大入りともあいまって滅茶苦茶混み合います。指定 地外違法テントや、登山口においては路上駐車やはみ出し駐車は絶対になさらぬようお願いいたします。

↑↑昨夕には青空も広がり、↓↓今朝は山肌が赤く染まる時間帯もありましたが、午後にはまたまた雨強まりました。週末のお天気に期待です。
冷池山荘の周りにも少しずつ秋色の気配。(9/10)
種池山荘〜爺ヶ岳間も、もう夏色の世界ではありません。(9/8)

NO 2393  富士山がデッカい!

2019 9/ 8(日) 

  台風15号が本州を目指して北上を続けていますが、まだ全く影響はありません。今朝も最高の秋空が広がり、爽やかな涼風が稜線を渡ります。お天気が悪くなる前には、遠くの山が大きく見えることが、ままありますが、今朝もそんな感じで、富士山がいつになく大きく見えます。ただその富士山も今夕から明朝にかけては、超猛烈な風雨に見舞われることでしょう。
    一方鹿島槍ヶ岳周辺も、今夜から雨風やや強まりそうですが、うまくいけば、明日の午後にも台風一過の青空が広がってくれるのではと期待しています。
  この台風が通り過ぎた後は、さらに秋めくことでしょう。大きな被害が出ないことを祈っております。

針ノ木〜立山をスッキリ望む朝。
今日は富士山がいつまで見られるかな?

NO 2392  絶好の秋天続く。

2019 9/ 7(土) 

   週末土曜日は期待に違わぬ絶好の秋空!でスタート。今秋ナンバー1といっても過言でない最高の青空です。今朝の最低気温は6度ほどで、上空には実に清々しい爽やかな秋の大気が漂います。これで3日連続の晴天となり、台風15号の影響が出てくるであろう明日の夕方までは、絶好の秋日和が続きそうな感じです。今夜は台風報道でキャンセルも結構出てしまって残念でしたが、お越し下さった皆さんには初秋の稜線漫歩を十二分に満喫していただきたいです。

   この好天下、昨日はヘリの荷上げ作業も無事に実施され、8月の好天続きで不足気味になっていたジュース・ビール系の飲料や10月の小屋閉めまでの食料や燃料もしっかりと荷上げしていただきました。最重要ライフラインのヘリ輸送に携わる、クルーの皆さんにはいつものことながら感謝感謝です。このあとはとにかくお天気廻りに恵まれて、秋の三大3連休が無事に刻されることを祈るばかりです。そして次週末はその三大3連休の第一弾である敬老の日3連休となるわけですが、なんとか秋雨前線がかかることなく、また台風の襲来が無きことを願っております。

   なおその敬老の日3連休の予約状況ですが、9月14日(土)の冷池山荘と種池山荘はかなり混み合いそうな感じです。9月15日(日)に関しては今のところ14日ほどの予約はいただいておりませんが、最終的には込み合ってくるものと思われます。また次の秋分の日3連休に関しては、21日(土)については種池山荘、22日(日)については冷池山荘のご予約が増えてきております。

今朝の種池山荘から。富士山が真ん中にきれいです。(9/7)
みなさん富士山、南アルプス、八ヶ岳の遠望に喝采です。すっかり涼しくなりました。(9/7)
こちらは今朝の新越山荘から。富士山が右端に見えます。中央左には浅間山。(9/7)
新越山荘からの針ノ木岳と蓮華岳。(9/7)
昨日のヘリ荷上げから。秋空の下、名機“ラマ”の後継機の“B-3”も好調です。(9/6)
昨朝の鹿島槍ヶ岳。見るからに吹く風も冷たくなってきました。(9/6)

NO 2391  主稜線の紅葉は9月終盤に見頃か。

2019 9/ 5(木) 

   主稜線では足下の草紅葉が日に日に色を増しています。夏の好天続き、そしてここへ来ては木々に潤いをもたらせる秋雨と、日増しに今秋の紅葉黄葉に期待が膨らむばかりです。紅葉は最低気温が8度以下になると、目を覚ました木々にスイッチが入ると言われていますが、最低気温も順調に下がってきております。このあとも順調に冷え込んで行ってくれると、例年周辺では一番先に色付き始める爺ヶ岳南西斜面は9月25日頃からはかなり色を増してくるものと期待しております。そのあとも登山口まで紅葉前線が下がる10月の中旬までは、どこかのポイントで素敵な紅葉黄葉たちに逢えますのでぜひともお出かけいただきたいと思います。とにかく適度な冷え込み続きに期待です。

種池平のミネカエデの低木帯が色付き始めました。もう少し先にはここの黄葉はピークを迎えそうですが、例年ここの黄葉が見頃を迎えてから、2週間ぐらいで種池山荘周辺稜線や爺ヶ岳南西斜面上部の紅葉も見頃を迎え始めますので、やはり9月25日ぐらいから30日ぐらいにかけて絶頂期を迎えるようになるのではないかと期待しております。あとは強烈な冷え込みと強い霜が降りないことを祈るだけです。それと台風による大風も避けてほしいものです・・・ (9/5)
爺ヶ岳周辺では一番人気の紅葉スポット。種池山荘周辺のナナカマドの紅葉は10月初旬まで皆さんの目を楽しませてくれるはず・・・ 今秋はどんな紅葉シーンが待っているでしょうか。 (9/5)

NO 2390  足もとに小さな秋。

2019 9/ 5(木) 

   今週前半は秋雨模様の肌寒いお天気が続きましたが、今日はお天気も完全に回復! そしてこのあとも週末にかけては、秋空が期待できそうな予報になってきました。ただ日曜日の午後には、台風15号の影響が多少でるような感じですが、おそらくは多くの皆さんが登山口に下山されてからの影響ではなかろうかと思っています・・・ 期待も込めて・・・

   ぜひとも今週末は敬老の日3連休と秋分の日3連休のにぎわいを前に、静かな初秋の稜線歩きをお楽しみにお出かけください。ナナカマドやダケカンバなどの紅葉黄葉はまだまだ先の話しですが、足もとから始まった小さな秋の訪れを、誰よりも先に感じとっていただきたいと思います。

今朝は長野県ぜ〜んぶが雲海の海の下といった感じでスタート。 (9/5)
その後もほぼ終日に渡って長野県側は、ガスに包まれたり、雲海状態でした。鹿島槍ヶ岳。 (9/5)
ウラシマツツジ。
ミヤマダイコンソウ。
ベンケイソウの仲間。
ネバリノギラン。

 ホーム    今までの情報   パウダーパフ