▲▲  最 新 情 報   更新日 : 2019/ 3/ 26 ▲▲

  扇沢方面駐車場案内表   ホーム    山荘案内予約   柏原新道登山口周辺駐車案内図

     今までの情報      パウダーパフ  コース   2018バス時刻表  花 便 り 

NO 2312  気温の乱高下続きそう。。。

2018 3/ 26(火)

   先週末にはまたまた温度が急降下して、3センチほどの新雪もあった大町界隈でしたが、昨日そして今日と暖かさも戻り、春の日差しが降りそそぎます。 ただ今夜も、そして明日の夜もまた雪が舞いそうとか・・・ さらにさらに今度の週末には、もっと強い?寒気が南下してきそうとのこと・・・  2月と3月前半がやたら暖かく、さらに雪もほとんど降らなかったので、ここへ来ての度重なる寒の戻りや降雪には、体調を崩されている方も多いように聞いております。皆さんもご自愛いただきたいと思います。

  さて大町警察暑管内の北アルプスでは、3月に入ってから遭難が結構多発しており、長野県警ヘリの 『やまびこ』 が、大町上空を飛びかう姿が度々見受けられます。3月前半には山スキーやボードのスキー場場外での死傷遭難の続発、また先週末は大雨の降った後の冷え込みで、斜面が凍結した八方尾根で、別々のパーティの3人が相次いで滑落して救助された事故もありました。また鹿島槍ヶ岳においても、下山予定日を過ぎ連絡が取れなくなった不明パーティがあるようで、連日捜索に当っていただいているようです。登山者のご無事を祈るばかりです・・・  

  平年に比較して明らかに雪が少なく、1ヶ月近く季節が前倒しで進んでいる感じを受ける北アルプスですが、まだまだ真冬の領域であることには違いありません。来週には平成に代わる新しい元号も発表され、新時代への明るい期待、華やいだ雰囲気のなかで、やたらと長 く少々困惑の10連休へとつながって行くわけですが、岳の厳しさは何ら変わりませんので、天候等の安定した期間を見計らって、しっかりとした計画準備にてG.W登山をお楽しみいただきたいと思います。       (写真はいずれも昨日)

後立山連峰の峰峰。
爺ヶ岳南峰から南尾根が伸びる。
爺ヶ岳の南峰と中央峰。
鹿島槍ヶ岳と手前に見えるは爺ヶ岳東尾根。
ビニールシートがしっかりと張り直されたハウスにはまもなくモミがまかれた育苗箱が並びます。

NO 2311  プチ“三寒四温”。

2018 3/ 19(火)

   先週の後半は少しだけ寒さがもどった大町界隈でしたが、ご近所の皆さんが騒ぐほどのものではなく、本当にプチ“寒の戻り”といったところでした。ただ日曜の朝も月曜の朝も大町市街地でも1センチほどですが新雪もあり、黄砂で少し汚れていた北アルプスの峰々も先日のまとまった降雪以降白さを増しており、見ていても清々しさを覚えます。

  暑さ寒さも彼岸までではないですが、3月も残すところ10日余り・・・ 今年の寒気では、もう寒の戻りも知れたものでしょうか・・・  また4月の冷池山荘小屋開け入山迄も、1ヶ月ほどになってしまいました。昨日には四国の宇和島で全国のトップを切ってソメイヨシノが開花したなんていうニュースが流れていましたが、サクラ前線の北上とともに何かと気忙しさが増す季節を迎えました。

 3/14の雪は消えてしまいましたが、その後もパラパラと白くするこの頃です。(3/18)
大町市郊外木崎湖畔にて。 (3/18)

NO 2310  久しぶりに安心の峰々。

2018 3/ 15(金)

   昨日はまだ雪雲が取れなかった後立山連峰の峰々でしたが。今日はくっきりと姿を見せてくれました。先日までは黒い岩肌がやたらと目立っていた鹿島槍ヶ岳や五竜岳も昨日の大量の新雪で厳冬期並みの白さを取り戻し、どこか誇らしげでした。

  ただお天気の崩れは早いようで、午後には早々に雨なのか雪なのか、灰色のカーテンが閉じられてしまいました。明日あさってはどうやらまた雪になりそうな後立山連峰の山々です。

大町の平地部でも今週末は雪がふたたび降るでしょうか? (3/15)
ゴールデンウィークまでまだ1ヶ月以上もあるので、岳はまだまだ積雪を増して欲しい少雪状態の今春です。鹿島槍ヶ岳。 (3/15)
今冬は少雪で爺ヶ岳の雪形“種まき爺さん”も、岩肌が結構見えていましたが、今日はきれいに姿を消してくれました。 (3/15)
五竜岳も白さを増しました。こうでなくちゃ! (3/15)
一昨日の時点では雪がほとんど消えてしまっていた木崎湖周辺の前山も白さを取りもどしてくれました。真ん中奥には鹿島槍の双耳峰が見える。 (3/15)

NO 2309  今さらの雪ですが・・・

2018 3/ 14(木)

   前回まとまった雪が降ったのは、建国記念の日3連休初日の10センチ。今朝はそれ以来のまとまった降雪になった大町市街地の北部にある我が家周辺です。25センチほどの新雪は、今さらと言った感じの今冬最高降雪量に・・・・ 朝は久しぶりの雪かきで汗を流すことができました。

  ところでご報告もできないままでいましたが、実は爺ガ岳スキー場は雪不足のために、今季の営業は3月4日を持って終了しており、パウダーパフの営業もすでに終わっておりました。今日の降雪が、あと10日も早ければ、もう少し長くやれたんですが・・・・ なかなかうまくいきません。

  なお 今週末ももう少し降雪がありそうですし、お彼岸の終わる23日、24日辺りにも強い寒気が南下する可能性があるみたいですので、降雪が期待できそうですかね。何しろいろんな情報からも北アルプス稜線も、例年に比べてかなり雪が少ないみたいですので、もっともっと降ってもらわないといけません。ゴールデンウィーク登山のことを考えても、積雪量が極端に少ないと、かえって歩きにくいし、ルートの取り方も何かと例年と違うようになってしまい、説明ひとつするにしてもたいへんです。夏山とは全然違いますので・・・・   

  とは言っても、今回の雪も大根は“春雪”・・・・  市街地の雪は明日には消え去ってしまいそうですね。 これからでもまだまだ積雪を増して、快適な雪稜歩きが楽しめるゴールデンウィークになってほしいものです。ゴールデンウィークの山荘営業は冷池山荘のみ、4月27日(土)〜5月6日(月)の10連休中開設する予定です。

昨日の夕方から久しぶりにまとっまた降雪になった大町界隈です。(3/13)
ただ春の雪は地温も上がっているし、日差しも強くなっているし、消え去るのも早いです。(3/14)

NO 2308  もう春本番でしょうか?

2018 2/ 24(日)

   よもやここまで降らないとは・・・・ もうあきらめの境地です。2月の大町の降雪は累計でたったの16.5センチだけ・・・・ なんとか暮れから根雪が続いていた我が家のまわりの雪も一昨日には日影や雪かきで押し寄せられた雪の山を除いて、消え去ってしまいました。温度を見てもここ1週間の暖かさはひどいものです。まだ3月もあるわけですが、今冬の暖冬は平成18〜19年冬の大 暖冬に匹敵する暖冬で終わりそうな北アルプス山麓です。

  爺ガ岳スキー場も1月後半の降雪と建国記念の日連休前後の冷え込み続きで、なんとかゲレンデも持ちこたえてきましたが、今のままでは3月の春スキーは相当に厳しくなりそうな気配です。同様に北アルプス主稜線の雪も、下から見ていても積雪にボリューム感はまったく感じられないし、またいろんな情報からもかなり少なさそうです。 これから先どうなっていってしまうんでしょうか? 新聞やテレビから “春の訪れ” のニュースが届くたびに、ため息がまたひとつ出るこのごろです。

大町市街地北部に位置する我が家の周りの田んぼの雪はすべて消え去ってしまいました。例年より3週間から4週間も早い根雪の解消です。(2/24)
例年なら下から見ていても、大きく張り出しているのがわかる鹿島槍南峰〜布引岳稜線(上)の雪庇も、岩小屋沢岳稜線(下)の雪庇も、今冬はいたって小さく観察されるだけです。(2/24)
来週は3月入り!なんとか降雪が欲しい爺ガ岳スキー場ですが、このあともなかなか冬型気圧配置が期待できないみたい・・・・ (2/24)

 ホーム    今までの情報   パウダーパフ