トップページ      山荘 ・テント案内予約方法    今までの情報    

      柏原新道登山口周辺駐車案内図     扇沢方面駐車場案内表

  柏原新道登ろう       パウダーパフ    コース    2020バス時刻表    花 便 り 

※トップページとともに必ずご覧下さい!↓ 下をクリック ↓

冷池山荘と種池山荘の新型ウィルス禍対策(6/2アップ+6/9+6/30+7/21+8/22更新)

     

 ▲▲  最 新 情 報   更新日 : 2020/ 09/ 19▲▲
このページにも掲載されていた予約状況の一覧表については、山荘 ・テント案内予約方法 のページに一本化しましたので、そちらをご覧下さい。

NO 2533  明日への期待。

2020 9/19(土) 

  シルバーウィークの初日は心落ち着く夕焼けで締めることができました。雨を心配されて小屋泊まりもテント泊もすこしだけキャンセルも出てしまいましたが、お越しいただいた皆さんには、ほぼ一日安心の秋空の下で、登頂していただけて本当に良かったです。

  日中の最高気温は13度ほどと、ようやく秋本来の温度になってきました。今夜もすでに7度ほどまで下がってきており、明朝は今季初めて5度を下回るかもしれません。先日までの高温傾向は去りつつあり、これからは主稜線の秋も日に日に深まっていきそうです。暖かな服装、そして手袋持参でお出かけ下さい。

 
 

NO 2532  良かったです・・・ 最高のスタート!

2020 9/19(土) 

  明け方までの小雨は早々に上がり、7時過ぎからはあっという間にガスも切れて、見事なまでに安定の秋空が広がる、4連休の初日となっています。登ってこられる方すべてが満面の笑顔です。このお天気が一日も長く続き、サイコー!のシルバーウィークになることを願うばかりです。

  なお種池山荘のJIJIピザの営業のお問い合わせが、何件かございましたが、この連休中はもちろんのこと、おそらく9月いっぱいはご提供できると思いますので、ぜひともお召し上がりくださいませ。今季に限っては冷池山荘でも販売しております。

種池山荘から黒部の谷を埋めるガスの向こうに鹿島槍ヶ岳登場!(9/19)
昨日の雨で爺ヶ岳南西斜面の紅葉もまた一歩前進です。(9/19)
扇沢を埋め尽くす雲海の下はまだ霧雨だったそう・・・(9/19)
冷池山荘から、雲海の向こうに剱岳立山が屹立。(9/19)
登山者もスタッフもそして上空の青空も皆が満面の笑顔のスタートです。(9/19)

NO 2531  氷雨の一日。

2020 9/18(金) 

   秋雨前線が本州上に停滞した影響で、冷たい雨と吹きさらす風に停滞を余儀なくされる一日となってしまいました。なお明日の午前中までは影響も出そうですが、その後は前線の南下につれて、お天気も回復傾向へ向かいそうで、シルバーウィーク4連休の初日ぜひ期待したいものです。  

  後半ほど良さそうな今回のシルバーウィークですが、連休明けの23日(水)もお天気は良さそうですので、4連休最終日22日(火)はまだ小屋泊まりもテント泊まりも両山荘ともに余裕が十分にありますので、22日〜23日の山行もご一考下さいませ。この雨の後は紅葉もさらに色合いを増していってくれることでしょう。

  ところで本年の営業最終日についてですが、10月3日(土)を予定しておりましたが、若干順延して10月6日(火)の宿泊までとさせていただきたいと思います。また小屋泊りに関しては10月4日・5日・6日は両山荘ともに小屋閉め作業真っ只中ということで、25人定員とさせていただきます。連休明けの9月23日(水)午前10時から小屋泊まりとテント泊のご予約受付を開始いたします。

終日の本格的な雨降りになりました。
岳の上は一雨一度の時季をまもなく迎えます。紅葉も進みそうです。爺ヶ岳。
ガスが切れて周辺の峰々もときどき姿を見せてくれました。

NO 2530  紅葉前線降臨。

2020 9/17(木) 

   やや軽めではありましたが、一昨日の冷え込みで今秋の紅葉の舞台の幕も切って落とされた感じです。9月前半のやや多目の雨と高温傾向が良くなかったのか、主稜線のダケカンバやナナカマド、クロウスゴ等の葉っぱがチリヂりになったり虫食い状態になったものがやや目立ち、残念なところはありますが、それでもこの後の冷え込み次第では、まだまだ紅葉黄葉にかなりの上乗せがあるのではと期待しております。

  小屋周りや主稜線の紅葉の見頃は、来週後半から月末にかけてになりそうです。その後は10月3日の週末にかけて、中間帯へと紅葉前線は下がっていきそうです。それにつけても、お天気が心配ですね・・・ 秋雨前線は明日は本州上に停滞しそうですが、明後日からのシルバーウィーク中は本州南岸へと南下するようですので、難しいことはわかりませんが、期待したいです。

ガンコウランの実をついばむ親ライチョウ。2羽のヒナを連れていました。(9/17)
種池平のミネカエデの小低木群落。いつもここが一番最初に色付きます。(9/17)
午前中の雨も上がり、また少し色付きも増した感じ・・・ 種池山荘周辺。(9/17)
昨日は安定したお天気でした。爺ヶ岳も紅葉劇場の開幕です。(9/16)
鹿島槍ヶ岳方面はまだまだこれからです。(9/16)

NO 2529  冷涼感ただよう。

2020 9/15(火) 

   昨日今日と雨もなくようやくお天気も安定。今朝は温度も6度まで下がり、ようやくの冷え込みと言った感じです。最低気温が8度を下回ってくると、木々の色付きも始まると言われていますが、今日は小屋周りの木々も、明らかに色合いが変わってきた感じです。

  なお今日も昼頃からはガスに包まれる時間帯が多かったですが、夕方には切れてきて、星も見えてきています。すでに温度も8度ほどまで下がっており、明朝は今秋一番の冷え込みになりそうです。温度が下降線を描くのと同時に、紅葉前線も前進して くれそうです。

みごとな雲海と荘厳な朝焼けです。
冷池山荘周りのナナカマドも秋へと移ろい始める。
これからは秋の雲が勢力を拡大。
扇沢の谷を厚みをもった雲海が覆いつくす。
一方種池山荘の裏側の黒部側は雲ひとつありません。鹿島槍ヶ岳がスッキリ!

NO 2528  移動性高気圧の季節に期待。

2020 9/14(月) 

  今日は秋雨前線も下がりお天気も安泰。久しぶりに雨の心配の要らない一日となりました。明日は今秋初めて? の、移動性高気圧もやってきてくれそうで、お天気も安定しそうでひと安心です。その後17日から18日辺りはまた秋雨前線が本州上に停滞しそうで、少し愚図つきそうですが、来週にかけては秋雨前線も本州南岸に南下して停滞しそうな予想の、週間天気図になってきているので、シルバーウィークも期待がふくらみかけています。また来週の週間天気図を見てると結構大きな移動性高気圧に覆われそうな感じで、こちらも紅葉の開幕ともあいまって心待ちです。

  ただしお天気は水ものですので、取らぬ狸の皮算用にならないよう願うばかりです。皆さんもしっかりと、気象情報をご覧下さい。それとあとは台風の発生が無き様願うばかりです。

  そして移動性高気圧の到来とともに温度も下がって、今年の紅葉シーンの幕もいよいよ上がってくれることでしょう。

日中はガスも多くなりましたが、朝の内は気持ちい青空が広がりました。正面の針ノ木岳頂上にはスッポリと雲がかぶります。(9/14:種池山荘より)
種池山荘と鹿島槍ヶ岳の間にはガスの流れる朝です。(9/14)
今日も日中は夏の雲が優勢勝ち!お天気安定で、今週前半はお客さまも動いていただけそうです。種池山荘も冷池山荘もjijiピザを外ベンチでお召し上がり下さい。(9/14:種池山荘)

NO 2527  秋雨前線南下。

2020 9/13(日) 

  ひどい雷雨に見舞われた午前中でしたが、五竜岳から縦走してきたパーティも無事に、冷池山荘まで到着されてひと安心でした。また柏原新道を登って来られたお客さまも、種池山荘で雷雲をやり過ごしてから爺ヶ岳を縦走して冷池山荘へ移動して下さってよかったです。

  明日から3日間ぐらいは、秋雨前線も下がってくれ、お天気もまあまあみたいですのでちょっと期待です。その後に控えしシルバーウィークも何とか、一日でも一時間でも長く秋空が広がってくれることを願うばかりです。どなたも明日からの週間天気や気象情報からは目が離せませんネ。早く大陸からの大きな大きな移動性高気圧が、ひんやりとした大気とともにやって来てほしいものです。

  ところでシルバーウィークについては、9/19の種池山荘小屋泊りと9/21の種池山荘テント泊に少し空きがあるだけで、他の19日20日21日に関しては満員の状況です。とにかく小屋泊りもテント泊も大幅縮小しての定数ですので、ご予約できなかった皆様には申し訳なく思っております。まだまだまったく安心できない新型ウィルス禍のもとでの今年の登山シーン・・・ 今夏やってきた新型ウィルス対策を最後までやっていく所存です。なにとぞご理解の程よろしくお願い申し上げます。

  また紅葉の進み具合ですが、なかなか本格的な冷え込みがないため、遅れ気味です。適度な冷え込みが連続するのを待つばかりです。

未明までの星空も、怪しい雲が覆い始める今日の始まりです。(9/13:冷池山荘より)
予想通りの秋雨前線南下で雷を伴なうまとまった雨が9時ごろから11時ごろまで続きました。冷池山荘からの爺ヶ岳。
前線が通過した午後には青空が広がり立山方面も姿を見せてくれました。(9/13:冷池山荘より)

NO 2526  絶好の土曜スタート。

2020 9/12(土) 

   今朝も爽やかな良いお天気です。予報がいまいちパッとしないものでしたので、キャンセルも多く出てしまったのが残念です。なお次週のシルバーウィークの天気予報も、今のところため息ばかりが出てしまうような予報となっていますが、誰もが大きく外れることを願うばかりです。  

  ところで9月も中旬入りしているにも関わらず、今朝も最低気温が10度ほどと、なかなか温度が下がってこないのが、ややもすれば心懸かりです。主稜線の紅葉の進み具合も今ひとつゆっくりペースの感じです。適度な冷え込みが鮮やかな紅葉をもたらしてくれるんですが・・・

昨夜の雨も上がり、薄っすらと霧が行き交います。立山方面も絶好のお天気です。(9/12:種池山荘)
今年は行けなかった針ノ木岳。来年はみんなで足を運びましょう!(9/12)
富士山は雲に隠れてますが、南アルプスや八ヶ岳も遠望できる土曜日のスタート。(9/12)

NO 2525  連日午後は夕立模様。

2020 9/11(金) 

    ここ数日のパターンで、本日も午後2時半ごろから夕立になり、降ったり止んだりのお天気が夕方まで続きました。明日は当初の予想よりはお天気も良さそうな感じですが、やはり夕立には気をつけなければならないでしょう。なお日曜は秋雨前線の南下も予想されたり、突然のように現れた熱帯性低気圧の影響もあったりで、お天気は不安定になりそうです。しっかりと情報収集されて、雷雨や強風等の際は適切な判断をお願いいたします。

冷池山荘から今朝の爺ヶ岳。(9/11)

NO 2524  連日朝方はまあまあのお天気。

2020 9/11(金) 

   期待の週末、好天で始まりました。ただカラッとした晴天ではありません。昨日も書きましたが、今週末は本州近辺に秋雨前線が停滞しますので、一日中晴れ間を望むのはなかなかハードルが高そうです。午前中の行動を第一に、雲行きを見つつ早めに小屋へ到着しましょう!

剱岳立山方面。種池山荘は“影爺”の中です。(9/11)
爺ヶ岳中峰よりの鹿島槍ヶ岳。昨夕からの雨は上がり、ひんやり感も漂います。(9/11)
大町安曇野は雲海の下。日の出ももう5時40分近くになってしまいました。(9/11)

NO 2523  爺燃ゆる朝。

2020 9/10(木) 

   朝方は写真のように良かったのですが、7時過ぎには早々にガスに包まれる世界へ・・・ その後は時に日も射す時間もあるものの、基本は小雨がパラついたり止んだりといったお天気でした。週末にかけても本州近辺には秋雨前線が停滞傾向ですので、似たようなお天気かと思います。また予報では午前中はまあまも、午後のほうが雨が降りやすいようですので、早目早めの行動で対処していただくのがよろしいかと思います。

   ところで話しはアメリカの話題になりますが、9月8日コロラド州の州都デンバーやお隣りのワイオミング州では、早々に初雪が降って白くなったとか・・・ 当然8日の最低気温は1.6℃まで下がったそうですが、驚くのは前日の最高気温が33℃の真夏のお天気だったこと。ここまで極端ではありませんが、日本でも大雪山や富士山、そして北アルプスなどでは初霜や初氷がいつあっても不思議でない時季へ、そして初雪にしてもちらちら舞ってもおかしくない季節に入ってきました。

上空だけでなく爺ヶ岳の斜面が燃えるような錦繍の時季を迎えるのも間もなくです。(9/10:種池山荘)
夕方には雨も止み、明日への期待も高まります。(9/10)

NO 2522  秋雨前線。

2020 9/ 9(水) 

   昨日今日と好天が続きましたが、今日の午後は夕立が強弱をつけながら降ったり止んだりのあいにくのお天気になってしまいました。そんななか今年はなかなか聞かれなかった秋雨前線という言葉も、いよいよ天気予報に出てきてしまいました。今週末にかけては秋雨前線の上がり下がりで天気も大きく変わってしまいそうです。秋雨前線の登場とともに、来週は猛暑も去って秋の気配も感じられるようになるとか・・・ 来週末にはもうシルバーウイークもやってきますね。

鹿島槍ヶ岳頂上からの大展望。槍穂高は雲に隠れてしまい、ちょっと残念。(9/9)
鹿島槍ヶ岳頂上には、雷で壊れた道標に代わる新しい道標を小屋から、スタッフが背負い上げて設置してくれました。初秋の空の下、剱岳立山をバックに新道標の黄色いラインが映えます。(9/9)
冷池テント場からの剱岳立山。今日も良いスタートです。(9/9)
台風10号やら連日の厚〜い雲海のせいで、四苦八苦したヘリの荷上げも昨日はようやく完了。あとは9月の好天を願うばかりなのですが・・・ (9/8)
昨日は台風の影響か、風はやや強いものの、お天気に恵まれました。まだ爺ヶ岳の山肌も夏の青さが目立ちます。(9/8)

NO 2521  最後まで油断せず。

2020 9/ 7(月) 

    台風10号は今朝時点でのニュース報道からは、巷間言われていたような大きな被害は出てないようで、ホッとしています。 今後詳細も判明してくるでしょうが、大きな被害が発生していないことを願うばかりです。さて鹿島槍ヶ岳周辺も一昨日の夕方は、台風が影響した湿った大気の流入等で、ひどい雷雨に見舞われましたが、昨日以降はときどきパラパラするくらいで安堵しているところです。ただ今までは本州方面にはなかなか近寄らないようなコースが多かったですが、今後はいつ台風が北アルプスに接近してもおかしくない時季をむかえそうです。けっして油断なきよう秋山登山をご計画願いたいと思います。

  さて本日の午前10時より、9月23日〜10月3日までの、今シーズン営業最終期間の小屋泊まり及びテント泊の受付が開始になります。今日明日は電話も混み合って繋がりにくいかと思いますが、何卒よろしくお願いを申し上げます。とにもかくにも今般の新型ウィルス禍の下で、最終期間の受け付けにまで至ることができたことには胸をなでおろしています。この後もシルバーウィークをはさみ、小屋閉めまで気を抜くことなく、新型ウィルス対策を徹底していきたいと思います。ややもすれば 、世間では気の緩み?が、感じられるこの頃ですが、最後までお客さまにはご協力をお願い申し上げる次第であります。

草紅葉の季節へ。オヤマリンドウやミヤマアキノキリンソウなどを残し、他の草花は日々黄化が進みます。温度はまだ高めに推移していますが、確実に秋の足音は近づいています。(9/6)
今年はたいへん残念ですが、食事中は全員前向き、無言、飲酒無し、紙製食器使用等のスタイルで最後までやらせていただきます。いろいろとお客さまにはご不自由おかけしておりますが、ご協力誠にありがとうございます。(9/6:種池山荘)

NO 2520  まだまだ夏の天気が優勢。

2020 9/ 5(土) 

    朝夕少しずつ涼しくなってきてはいるのですが、なかなか秋の世界へ踏み出せない感じの、今年の9月入りです。お盆以降たびたび発生している台風も、全部九州西海域から朝鮮半島方向へというコースで、太平洋高気圧が強いということでしょうか・・・  

  ところでここ1週間ほどは、基本的には好天が続いておりますが、台風9号や10号絡みで湿った大気が南や東から流入して、午後を中心ににわか雨や雷雨が発生するパターンが目立つ感じです。好天の今日も午後は雲が目立ちはじめ、4時過ぎから2時間ほど猛烈な雷雨となりました。

  大陸から秋の移動性高気圧がやってくるのが、例年以上に待ち遠しいこの頃です。台風10号が過ぎ去ったあとには、どんなお天気がやって来てくれるのでしょうか・・・  後立山連峰は台風10号は、そんなに大きな影響はないと思っていますが、今日の猛烈な雷雨発生のように、油断だけはなさら ぬようにお願いしたいと思います。とてつもなく大きな台風のようですが、沖縄九州方面をはじめ西日本や朝鮮半島においては被害が最小限であることを願うばかりです。

  なお明日の6日(日)は、山小屋のご宿泊及びテント泊の予約受け付けはお休みさせていただきますので、よろしくお願いいたします。緊急時は山小屋へ直接お電話下さい。また明後日の7日(月)からは、シルバーウィーク以降最後までのご予約を開始いたします。開始から3日間ほどは相当に受付電話が混み合うと思いますがよろしくお願い申し上げます。

今朝は今シーズン1、2を争うような爽やかな朝を迎えました。(9/5)
荘厳な朝。日の出もずいぶんと遅くなりました。(9/5)
爺ヶ岳と冷池山荘。(9/5)
昨日も午後は夕立。爺ヶ岳に大きな虹がかかりました。(9/4)

NO 2519  9月もよろしくお願いいたします!

2020 9/ 3(木) 

    8月31日の月曜日から9/3(木)までの4日間、冷池山荘と種池山荘の小屋泊まりに関してお休みをいただきました。おかげ様で今季は完全休業している新越山荘の換気作業やカビ除去作業等に赴いたり、冷池山荘と種池山荘においても、残り1ヶ月余りの営業期間の態勢作りや新型ウィルス対策の再確認等に時間を費やすことができました。皆様にはご協力いただき誠にありがとうございました。

  なんとか残りの期間も感染トラブル等なく、安定した空模様の下、素晴らしい紅葉シーズンをおくりたいものです。 ここ一週間以上は爺ヶ岳稜線のクマの目撃情報も幸いにしてありません。ぜひお出かけくださいませ。

冷池山荘前庭には秋の到来を告げるアザミの花。(9/3)
お休み期間中にヘリ荷上げを完了したかったのですが、なかなかお天気や厚く立ち込める雲海のため、思うように進みません・・・ 今日も午前中は霧雨続き。明日こそ!てるてる坊主に願う(9/3)
シーツも交換して秋山へ備え。このコロナ禍、インナーシーツを皆さん持参してくださって、とってもありがたいです。

NO 2518  夕立には常に注意を払って!

2020 8/ 28(金) 

    お天気が続いています。いくらかパラパラッと来た時があったものの、お盆最終日の16日以降は、まとまった雨がまったく降らない鹿島槍ヶ岳周辺です。でも決して夕立や雷の存在だけは、忘れることなく、入道雲のチェックや遠くの雷の音とかにアンテナを張っていただきたいものです。なおいつも申し上げておりますが、雨不足で登山道に関しては埃っぽくなって、路面も傷んでしまいがちですので、適度なお湿りが何とか欲しいところです。 

  ところでこの晴天続き、そして高温続きは秋の紅葉にとってはどうなんでしょうか? 来週初めには早くも9月入り! 足下のウラシマツツジの紅葉も、始まる時季を迎えます。そんななか来週は31日の月曜日から9/3(木)までの4日間、閉鎖している新越山荘の管理作業や、秋山シーズンへの態勢作りのために、誠に申しわけありませんが、種池山荘と冷池山荘の小屋泊まりに関しては休業させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

朝焼けで始まった週末金曜日でしたが・・・
日中はガスに包まれる時間帯も多かったです。雨不足のなか、霧は植物たちにとって、オブラートのような貴重な水気ですね。

NO 2517  明日からシルバーウィークのテント予約を開始いたします。

2020 8/ 26(水) 

    明日からの3日間はシルバーウィークを含む9/17〜9/22間のテントのご予約をお受けいたします。かなり電話がつながりにくい状態になるかと思いますが、なにとぞご容赦くださいませ。9月も新型ウィルスによるトラブル等が起こらないよう、張り数も引き続き制限させていただきますので、完全予約や感染症対策等にご協力くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

  さてお天気のほうは今日も安定した一日でした。台風も予想通りに北上と言うことで、ひとまずは安心ですが、このあとこの好天続きに水を差すとしたら、やっぱり新たな台風の接近でしょうか・・・ 次にやって来るであろう台風がいつどこを通るかは誰もわかりませんが、今年の秋は、なんとか昨年のような台風の連発だけは御免被りたいものです。

  ところで以前からご報告している爺ヶ岳稜線のクマの出没ですが、このところまた登山者の目撃が度々あります。生りだした木の実や石の裏のアリを食しているものと思われます。決して近づいたり刺激をするような行動だけは、しないようお願いいたします。とにかく視野を広く持ち、発見したら距離をしっかりと取って行き過ぎるのを待って下さい。なお万一に備え、両方の小屋の電話番号は控えていって下さい。またテントの方は絶対にテント場周辺に、ラーメンの汁を捨てたりなさらないで下さい。  

種池山荘前のコバイケイソウの葉っぱは一気に黄化が進んでいます。(8/26)
今日も夏の空が優勢かな(8/26)
今年は冷池山荘でもjijiピザを召し上がれます。鹿島槍を眼前にどうぞ。(8/25)
連日のお布団干し日和です。(8/25)

NO 2516  まだまだ夏空続きそう。

2020 8/ 25(火) 

   東日本には昨日まで3日間ほど寒気が居座って、午後は若干大気の状態が不安定傾向でしたが、幸い鹿島槍ヶ岳周辺に激しい雷雨や雷はなく、3日間ともパラパラッとしたぐらいで埃除けにもなりませんでした。熱い夏空が連日続いています。今日も暑くなりそうです。ただ朝方はぐっと涼しくなってきていますので、半袖一枚と言うわけにはいかなくなってきました。もう朝は5度を切るような日がいつ現れても不思議でない季節を迎えます。8月も残すところ1週間だけになってしまいましたが、秋は今年も忘れずにやってきてくれそうです。

朝方は薄手のダウンを羽織るお客様も。(8/25)
種池山荘から富士山は薄っすらとかすんで見えます。シシウド、ヤマハハコ、アキノキリンソウ等秋のお花が中心になってきました。(8/25)

NO 2515  夏の空続く。

2020 8/ 23(日) 

   雨予報??? でキャンセルが結構出てしまった今週末でしたが、本日も午後遅くにほんの少しだけ、パラッとしたものの、基本的には夏空が続いた一日でした。お越し下さったお客さまには、好天続きと大展望、そして新型ウィルス対策での超ゆったり部屋割りに、十分ご満足いただけたかと思います。

  ただ全国的にもあちこちで激しい雷雨が連日発生してるように、岳の上では下界以上に注意が必要なのは申し上げるまでもありません。もうしばらく夏の勢力が強そうですので、夕立や熱中症等にはご注意下さい。また爺ヶ岳稜線のクマの目撃は、このところはずいぶん少なくなりましたが、これからが木の実の生る季節ですので、まだまだこちらもご注意いただきたいと思います。

  なお明日からの3日間は9月の4連休期間を含む冷池山荘と種池山荘の小屋泊まりのみの、ご予約を承りますが、かなり電話が混み合うと思われますので、何卒ご容赦いただきたいと思います。決してテント泊の方は予約電話をかけないようお願いいたします。 4連休のテント泊のご予約受付は8/27(木)からになりますので、もうしばらくお待ちいただきますようお願いします。

冷池山荘からの剣立山方面。
爺ヶ岳(上)や鹿島槍ヶ岳(下)にもお昼前から、雷雲に成長しそうな雲が現れる日曜でしたが、幸い今日も昨日に続いてパラッとしたぐらいでした。

NO 2514  連日の好天。

2020 8/ 22(土) 

    お盆明け以降、安定したお天気が続いています。今日は久しぶりに午後4時過ぎからは

雷も鳴り、まとまった雨になるかと思いましたが、予想に反してパラッパラッでお終いでした。埃除けにもなりません・・・ 一方麓の大町市内は夕方バケツを引っくり返したような雷雨になって、8月に入ってから初めてのまとまった雨になりました。

  山盆週間は雨がぱらつく時間帯もときどきあった主稜線でしたが、総じて梅雨明け以降の今年の8月は超少雨状態が続く鹿島槍ヶ岳周辺であります。登山道などはたいへん埃っぽくて、正直そろそろ地面を潤して路面を締めてくれるまとまった雨がほしいのも偽らざる心境です。来週も好天が続きそうな予報ですが、どうなっていくでしょうかね。

  ところで昨年の8月の終わりごろには、イマイチ元気感がなかった小屋周辺のナナカマドやミネカエデ、ダケカンバ、クロウスゴ等の木々の葉っぱたちでしたが、今年は今のところたいへん元気で青々としており、秋へ向けて期待も高まるというものです。紅葉シーズンまでもあと一ヶ月あまり・・・  この後は9月に入ってからの適度なお湿りと適度な冷え込みの到来にぜひとも期待したいものです。無粋な台風の接近だけは勘弁です。

本日の鹿島槍ヶ岳と冷池山荘。(8/22)
剱岳立山の上空には秋の兆し。(8/22)
ほんの少しの夕立の後には、今日も素敵な光景が待ってました。(8/22)
もう少し雨が欲しかったと言いたげな表情の爺ヶ岳。(8/22)
昨日の夕暮れ時。(8/21)
昨日の朝の光景。槍穂高遠望。(8/21)
大天井岳の大天荘の窓ガラス?に太陽が反射して光っているのがお分かりでしょうか?毎年8月下旬から9月上旬によく見られる光景 。なお大天井岳の手前の稜線が燕岳稜線。燕山荘は左側のピークに建つ。さらに手前の稜線は餓鬼岳の稜線(8/21)

 ホーム    今までの情報   パウダーパフ