▲▲  最 新 情 報   更新日 : 2020/ 01/ 09 ▲▲

  扇沢方面駐車場案内表   ホーム    山荘案内予約   柏原新道登山口周辺駐車案内図

   山荘予約フォーム(カレンダー)(ネットにて、ご予約できます。)  柏原新道登ろう   

     今までの情報      パウダーパフ    コース    2019バス時刻表    花 便 り 

NO 2453   春風献上・・・

2020 1/ 9(木) 

  松も取れてあっという間にもう新年も9日ですね。なかなか暮れのご挨拶も、新年のご挨拶もできなくて申しわけありませんでした。遅くなってしまいましたが、本年もなにとぞよろしくお願いいたします。また旧年中は何かとありがとうございました。

  それにしましても、全国的にひどい暖冬ですが、北アルプス山麓大町にも “冬” が一向にやってきません。寒い日が一日もないと言っていいくらいの今冬の前半戦です。本日にしてもまさに表題のとおりに“春風献上”の初春九日でした。一昨日そして昨日と続いたまとまった雨は上がって、今日は後立山連峰の峰々も 日中は雲間にちらちらと姿を見せましたが、2000mより上部はなんとか雪になったようで、雪面の黒い部分も少なくなっているような気がしました。

  大町ではこの間40ミリほどの雨量でしたので、これが雪にでもなっていれば70センチぐらいの大雪になっていたはずですが、今冬の気圧配置や寒気の流入では ・・・・  どうにもならないていたらくです。4日ほど前に青森の方に用事があって電話いたしましたが、青森でさえまともに全面滑走できるスキー場は半分もないみたい・・・ 長野県内のスキー場も 3日ほど前の雪で、一息ついた感があったんですが、今回の大雨でどうなってしまったことやら・・・  私どものピザ屋がある爺ガ岳スキー場も先日ようやくオープンしましたが、もう一旦休止の状況です。

  それにしても地球温暖化との闘いはもう待ったなしですね。地球温暖化なんて、フェイクニュースだと言い張るトランプさんは、新年早々戦う相手を、まったく見誤っているみたい・・・   また自分達にしても心底真剣に考えていかなきゃ、本当に手遅れになってしまいそう・・・・ 

令和2年のスタートです。後立山連峰の主稜線はそれなりの積雪で新年を祝います。(令和2年元旦)
正面に岩岳スキー場が見えますが、白馬村も田んぼには稲株がいまだに見える状態。例年なら最低でも70センチはある頃です。(1/7)

NO 2452  本格的降雪も寒波も未だ来ず。

2019 12/ 22(日) 

  どうやっても本格的な冬がやってきません・・・ 後立山連峰にしても1800mぐらいから上はそこそこの積雪はあるものの、あくまでもそこそこって感じです。当然それより下部においては本日の昼現在ではほぼ無積雪といった感じです。当然のことながら北アルプス山麓のスキー場は、人工雪の一部分滑走をのぞき、まだほとんどできてない状況です。この状況は長野県内だけでなく全国的なようですね。まもなくお正月休みに入るわけですが、本当に心配になってくるこの頃です。

  さしずめ今夜は南岸低気圧に伴なう“南雪”が、関東甲信では降るようですが、当地においても期待は高まるばかりです。またこの後年末年始にかけては、“寒波”とまでは行くかどうか微妙ですが、“寒気”程度は何回か下がってくるみたいですので、こちら に期待をかけるのみです。

まもなく始まる年末年始の鹿島槍ヶ岳登山口の大谷原も今日現在積雪はゼロです。後方左側に鹿島槍ヶ岳、右奥に五竜岳。(12/22)
なかなか積雪が増さない鹿島槍ヶ岳。(12/22)
赤岩尾根上部と冷池山荘の建つ主稜線。(12/22)
爺ヶ岳の中央峰と北峰。(12/22)
雪待つ鹿島槍スキー場もまだ人工雪のゲレンデのみ滑走可能。(12/22)

NO 2451  12月も早や中旬入りですが・・・

2019 12/ 11(月) 

  なかなか本格的な冬がやってきません・・・ 夕方の気象情報を見ていると、明日はいくらか寒気も流入するような予報が出ていましたが、どうでしょう・・・ 先週は少し寒い日もあったのですが、長続きしないし、とにかくまとまった降雪にならない北アルプスおよび山麓の各スキー場です。山形県や秋田県など東北の北部では、場所によっては結構降雪もあったようですが、うらやましい限りです。

まだまだ黒さが目立つ鹿島槍ヶ岳。
爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳。
白馬三山もだいぶ雪量を増しては来ましたが。
大町の平野部はまだ4回ほど粉砂糖をまぶす程度、薄っすらと白くしただけです。

 ホーム    今までの情報   パウダーパフ