▲▲ 今までの情報  : 2020 / 7月分まとめ ▲▲

 トップページ     山荘案内予約     最新情報     今までの情報

NO 2490  粛々と・・・

2020 7/ 6(月) 

    熊本県を中心とした九州の豪雨被害には心痛むばかりです。慎んでお見舞いを申し上げます。なおこの後も日本各地で大雨が続きそうな気配で 、この新型ウィルス禍の下、心配は尽きません。被害が出ないよう祈るばかりです。北アルプスも昨夕から今日にかけてはまとっまた雨量になっています。

  さて新型ウィルス禍における感染防止、そしてソーシャルディスタンス等を守るための、超縮小営業での2020シーズン開始まで10日余りになって参りました。ただここへきての首都圏を中心にした感染者数増加には正直申し上げまして大変憂慮しております。 今は“新しい生活様式”の下、可能な限りのウィルス対策を施して、粛々と対応していくばかりと思っております。またお客さまのご協力なくしては、山小屋や北アルプスそして登山そのものの安全確保は絶対にありえませんので、何卒よろしくお願い申し上げる次第であります。

梅雨空が続きます。雪融けに関しては至って順調な7月の入りです。(7/5)
可憐なチングルマの開花にも終息を願う。そういえば明日はもう七夕ですね。
好天を狙って、スタッフは新型ウィルス禍で今季休業の新越山荘へ様子を見に行ってきました。無事ひと冬を乗り切ってくれました。今年は開けられなくて小屋に申し訳ない気持ちです。(7/3)
一晩泊まりで小屋の換気をしたり、カビ取りをしたり、種池山荘へ移動させる資材等の整理に当りました。今夏は見回りと換気作業には時々行かなければ!
新越山荘から針ノ木岳と蓮華岳。今季は峠の針ノ木小屋は休業。岳も静かに休ませてやって下さい。
岳の上だってソーシャルディスタンス。ご理解ご協力をお願いいたします。
 部屋の中の仕切り。気休めかもしれませんが、無いよりははるかに良いでしょう・・・

NO 2489  関連時刻表等を直しました。

2020 7/ 2(木)

   2020バス時刻表 の修訂正を完了してアップしました。ご予約電話受け付けの際にも、扇沢〜白馬方面へ向かうアルピコ交通バス “アルペンライナー号” の照会が、何件かございましたが、ご覧になって下さい。八方や五竜スキー場にマイカー回収に行かれる方には便利です。なお必ず各社の正式ホームページの時刻表等を再確認下さるようお願いいたします。 

NO 2488  今季の針ノ木岳登山や縦走は自粛願います。

2020 7/ 2(木) 

   めりはりの利いた今年の梅雨。今日のお天気は晴れのほうへと傾きました。夕方の県内ニュースによれば、今年の梅雨は県内どこもいつも以上に、やっぱり雨量が多い傾向のようです。例年でしたら梅雨明けまであと20日間ほど・・・ なんとか梅雨末期の集中豪雨とかがありませんようにと願うばかりです。さて新聞報道によれば、6月末には白馬岳方面では遭難が相次いだようです。ひとつは白馬大雪渓で滑落した男性が長野県警山岳救助隊に救出された案件ですが、新聞報道だけでは詳細はわかりませんが、この方も新型ウィルス感染が疑われる所見があったようで、隊員は感染対策をとっての搬送作業になったようで大変だったようです。

  またもう一件は今年は営業中止も既に発表になっている白馬鑓温泉小屋へ日帰りで? 向かい、帰路にルートがわからなくなって、同じく長野県警救山岳助隊員に深夜の11時過ぎに無事救出されたという案件です。こちらは入山口の猿倉荘で、今季は白馬鑓温泉小屋が新型ウィルス禍のため休業であることや、登山ルートもまったく管理されておらず、白馬鑓温泉登山道への立ち入りそのものが禁止であると云う事もしっかりと伝えらてもいるし、しっかりと看板等も掲出されている中での登山だったということです。さらに先に下山したお仲間も2人いたということですし、装備も全く不十分だったようですので、相当に常識にかけているのではと思います。同じような案件は、以前にお伝えいたしましたが、6月に私どもの柏原新道でも発生しております。

  前々からお伝えしておりますが、今季は新型ウィルス禍のため、万一の遭難時に救助作業が例年とは比較にならない準備や事前確認作業が必要になっており、救助隊員の皆さんにはいつもの数倍ものたいへんな労力が伴なうということです。もちろん現場での対応も防護服の着用とか、通常からは考えられないものです。

  また私どもの新越山荘もそうですし今回の白馬鑓温泉小屋もそうですが、北アルプスにおいても、15軒近い山小屋が本年は休業するという事実です。何かあったときにも、逃げ込むこともできないし、助けにも行かれないし、登山道の管理なども容易にできません。先日もご報告いたしましたが、針ノ木小屋の苦渋の決断による休業によって、針ノ木大雪渓上のルート管理も、沢を横断する仮橋の管理、またこの時期なら針ノ木小屋から針ノ木岳頂上間の残雪トラバース上の雪切り作業等もまったくなされないということです。ここで色々と書いても、ことの重大性が認識できない方や、その意味を深堀りできない方も少なからずいらっしゃるのが現実です・・・ 針ノ木小屋の担ってこられた各種作業には今さらながら頭がさがる思いです。  とにかく今シーズンは、皆様のご安全のために、針ノ木岳縦走 も針ノ木岳登山もお止めになっていただくのが賢明かと思います。私どもの新越山荘も営業しておりません。

  今シーズンは、北アルプスに限らず、八ヶ岳でも南アルプスでも、そして中央アルプスでも尾瀬においても、山小屋とテント場の営業状況や予約方法、登山道、交通機関 の状況、果ては麓の日帰り温泉の営業や名物蕎麦屋の開設情報までしっかりと確認、情報収集してから山行に移すようにしていただくことと、ご自分の実力にあった無理のない日程 およびコースを選定していただきますよう何卒お願い申し上げる次第であります。

  また7月中旬から9月下旬の毎週末をほぼカバーして下さっていた、当方の冷池山荘千葉大医学部山岳部学士会診療所も、今夏においては全くの不定期で数回程度の入山をしていただくことをこのたび決定していただきましたが、北アルプス各所の山岳診療所においても本年の中止を打ち出したり、大幅縮小を考えられているところがあるようですので、より登山者に慎重さが求められるのは明らかです。

  今年のゴールデンウィークは、緊急事態宣言下まったくといっていいほどに登山者がなく、長野県内の山岳遭難は過去に類を見ないくらいの発生数の超大減少でしたが、今夏においては心配感が漂う6月の遭難傾向です・・・  安易な計画や行動は、厳に慎むよう心よりお願い申し上げます。

種池山荘より針ノ木岳方面。今日の針ノ木岳には雲が被る。大きく見える雪渓が針ノ木大雪渓。雪がある時期はもちろんのこと、雪が消えて秋道に移行する頃のルート設定や、ルート変更がたいへん難しく針ノ木小屋さんには毎年ご苦労していただいてい ます。(7/2)
コバイケイソウの成長に目を見張るころ。梅雨の中晴れの爺ヶ岳を望む。(7/2)
キヌガサソウが可憐に咲きほこる。(7/2)
種池を覆っていた残雪も少なくなりました。明日からの雨で雪融けはさらに加速しそう・・・ (7/2)