柏原新道登山口周辺駐車案内図    ▲▲  最 新 情 報   更新日 : 2018/ 8/ 17 ▲▲

  扇沢方面駐車場案内表   ホーム    山荘案内予約    

     今までの情報      パウダーパフ  コース   2018バス時刻表  花 便 り 

 

NO 2241 秋の風さわやか。

2018 8/17(金) 

  昨日の寒冷前線南下は台風並みの荒れ方でした。雨量も150ミリ近くなり、水不足気味だった各地の山小屋にとっては、さぞや恵みの雨になったことでしょう。
 強雨は昨夜には上がりましたが、朝方までは霧雨状態が続きました。ただその後は急速に回復して、9時前からはどんどんと青空の面積が拡大化です。
 今季初の移動性高気圧に覆われた主稜線は、大陸育ちの爽やかすぎる大気に包まれ、小屋の中にいると寒いくらいです。稜線歩きの皆さんにとってはさぞや心地いい一日でしょう。なお北海道の大雪山系では、例年になあ早さで初雪を観測したそうですが、当地も明日の朝はこの時季としては、かなり冷え込み氷点下近くまで下がってもおかしくなさそうです。
 さて長く続いたあの大快晴時には、考えられなかったくらいに、台風が次々に南海上に発生しているわけですが、今週末から来週明けに関しては安定した絶好のお天気が継続しそうでホッとしています。来週の週中にはまたまた台風の影響が出るやもしれませんネ。
 今週末は初秋モードの絶好の登山シーンがお待ちしております。

種池山荘前もコバイケイソウの枯れ穗が林立。

柏原新道を登りきったご褒美は爽やかな秋風と大展望です。(8/17)

 

NO 2240  夏のピザ祭り終了しました。

2018 8/ 16(木) 

  昨日の好天も午後2時前からは雷雨に見舞われ、今朝まで断続的に降り続きました。その後本日の午前中は雨の止み間もあるものの、不安定な空模様が続いています。なお風は強く小型の台風並みの強風といった感じです。
 このあとは夜にかけて日本海から寒冷前線が南下しますので荒れそうです。また気圧配置も今シーズン初の冬型になりそうですので、この時季としては結構寒くなることでしょう。そして期待の今週末は、同じく今シーズン初の移動性高気圧?? もやって来てくれてお天気も大いに期待できそうです。ぜひともお出掛けになって下さい。
 なおご好評をいただきました種池山荘の夏のピザ祭りは、昨日にて終了いたしました。9月初旬までに手作り生地等を仕込み、9月の連休前から、秋のピザ祭りを開催いたしますので、ぜひとも一度ご賞味下さいませ。また来年以降はある程度の期間、お休みなく営業できるようにしていきたいと考えております。

雨は小康状態も強風でシラビソの木も大きく揺れる午前10時。

午後はもっと荒れそうな気配が漂うお盆最終日です。

 

NO 2239  富士山遠望の気持ちいい朝が復活。

2018 8/ 15(水) 

  久しぶりに富士山もくっきりと遠望できるスッキリとした朝です。日中は今日も暑くなりそうですが、朝方の大気は初秋を思わせる爽やかさです。ただ今日も午後は大気の状態は不安定が予想されますので、お早い小屋への到着がのぞまれます。

新越山荘からは雲海の安曇野のはるか向こうに鎮座した富士山が見える朝です。左側の八ヶ岳も含め、お盆はにぎわっていることでしょう。(8/15)
針ノ木岳も剱岳も久々に全容を手にできる朝。気持ちも新たにスタートです!(8/15)

NO 2238  大町市移住セミナー in 種池山荘。

2018 8/ 14(火) 

  ここ数年種池山荘で開催され、好評?を博している大町市の移住セミナーが、本年も9月8日(土)に開催されます。山好きの方で都会から脱出して田舎暮らしを少しでもお考えの方は、ぜひともご参加下さい。過去のセミナーからも大町市への移住を決められた方もおられます。小屋泊まりでもテント泊でもOKですので、 大町市ホームページ 『信濃大町で田舎暮らし』 にアクセスそしてお申し込みの上でご参加下さい。

  また8月25日(土)には東京でも『山と渓谷社』とタイアップした移住セミナーも開催されますので、そちらへもぜひお出かけ下さい。私どもの小屋でもそうですが、山小屋のスタッフで北アルプス山麓へ移住してきた方はとっても多いですょ。

こちらは種池山荘でのセミナー開催です。山登りのついでにご相談へどうぞ!
こちらは東京での開催案内。お気軽にご相談にお出かけ下さい。

NO 2237  残念なタイミングでのお天気一服。

2018 8/ 14(火) 

  お盆入りの昨日は、雨が降ったり止んだりの一日で雷も鳴る一日。そして本日もガスや雲の多い一日。そして夕方にはまたまたの夕立と、今年のお盆は不安定さが連日漂います。明日はまあまあ期待できそうではありますが、やはり午後には夕立の確率が高そう・・・・  そしてお盆休みの最終日である明後日16日には日本海から寒冷前線が南下してきそうで、やはり雷雨や強風には要注意の一日になりそうです。

  7月14日からほぼほぼ1ヶ月近くも続いた今夏の好天時には、のどから手が出るくらいに欲しかった降雨でしたが、さすがにお盆のこのタイミングでの天候不安にはため息もでて参ります。

  なお週末以降はまたお天気も回復傾向の予報がでていますし、温度も若干下がり気味の予想とか・・・  天候不安でキャンセルのお客様もたくさん出てしまったお盆シリーズでしたが、ぜひまたご計画いただき初秋の先取りにお出かけくだされば幸いです。まだまだ今年の下界は猛暑が続きそうですね。

午後には積乱雲が沸き立ち怪しい雲が冷池山荘を覆います。
夕立の来る前にしっかりと鹿島槍を見ることができて良かったですね。
入道雲や金床雲をバックに、ナナカマドが赤い実をつけるころ。季節は確実に進みます。
夕方にはやっぱり夕立。雨上がりは少しだけ焼けて明日に期待がふくらみます。種池山荘。

NO 2236  テント中心ににぎわった山の日連休。

2018 8/ 12(日) 

  雷雨の発生が心配された本日でしたが、夕方までには雷も夕立もなく助かりました。本日は朝からガスが多くかかり、視界もイマイチの一日でしたが、午後遅くには時々雲の合い間から青空が見える時間帯もありました。

  山の日連休初日の昨日は午前10時ごろまで前夜の夕立から続く小雨が残りましたが、午後には急速に回復へ。そして今日も雨のないお天気で、先日までの異常すぎる連続好天というわけには到底参りませんが、まあまあの山の日連休だったのではないでしょうか。

  そして明日からは引き続きお盆休みへと突入ですが、お天気のほうはお盆最終日の16日あたりに日本海から前線が下がってくるみたいで、天候の急変に注意が必要なようです。なにしろここへきて南海上には次々に台風が発生しており、長く続いた連続好天時とは違い、天気図からは目が離せなくなってきました。

雨で始まった山の日連休でしたが・・・ (8/11)
10時頃からは雨も上がり、外ベンチも大にぎわいの山の日連休初日です(8/11)
夕方にはすっかり青空が戻り、信州上空そこかしこには見事な入道雲が沸きます。(8/11)
山の日からお盆にかけては近年、小屋泊まりに比べるとテントの方がたいへん多いです。(8/11)
小屋の周囲のお花もヤマハハコやタカネスイバ、ミヤマシシウド等の初秋のお花が目立つようになりました。今夏の猛暑も岳の上では、お盆も過ぎれば一気に初秋モードへ突入でしょうか。(8/12)
山の日連休の二日目は時おり青空がのぞく瞬間もありますが、雲やガスが峰々を隠す時間帯が多い一日となりました。(8/12)
涼しい風も心地良い連休2日目。 岳の上では立秋の気配も少しずつ・・・ (8/12)

NO 2235  雷三日に注意。

2018 8/ 10(金) 

  岳の上は昨日までとは違いガスや雲のかかる時間帯が多く、雷雨が起こっても不思議でない雰囲気の一日でした。夕方からは長野県内の平地部でも雷の発生しやすい大気状態になり、県内各所で強い雷雨になっているようです。爺ヶ岳周辺も今夜の8時前からは雨がパラパラし始めました。どのぐらいの夕立になるかはわかりませんが、日照り模様で一雨も二雨も欲しい稜線にとってはうれしい夕立やもしれません。なお明日あさっても午後を中心に雷雨の発生しやすい状況が続くようです。寒気が上空を抜けるまでに3日間ぐらいはかかることから、“雷三日” といって、雷や夕立には3日間ぐらい続けて要注意!と昔から云われています。

    なお明日は山の日です! 事故のない楽しい週末になさって下さいね。 小屋のほうは11日(土)の冷池山荘がやや混みあいますが、そのほかは3つの小屋ともお盆期間中は大きな混雑日はございません。相変わらずの猛暑から脱出なさって涼風体感にお出かけ下さい。

ガスに包まれ、幻想的な爺ヶ岳でのご来光。
雲の流れの速い朝です。
雲とガスと青空も混在の一日。

NO 2234  台風の影響まったく無し。

2018 8/ 9(木) AM 9:00

   昨晩お泊りのお客さまは、3つの小屋とも数名様だけ。お越しいただいたわずかのお客さまだけにでも、本日のこの北アルプス晴れを堪能していただけて良かったです。今回の台風13号は過去に経験したことのない大雨が予想されますとか、不要不急の外出はおやめ下さいとか・・・ テレビ画面からマシンガントークで言われたんじゃ誰もが、山登りなんて行かないですね。

  一昨日が終日霧雨が降ったり止んだりといった、高い山ならどこにでもあるような一日、昨日はほぼほぼの良い天気、そして今朝は快晴の夏空が広がる鹿島槍ヶ岳です。台風の影響もまったく無かったんですから “台風一過の快晴”というのもはばかられます。

  とにもかくにも気持ちも切り替えて山の日連休そしてお盆へと、お客さまをお迎えして参ります。“山盆シリーズ” は、3つの山荘とも大きな入り込み日はありませんので、ぜひともお出かけ下さい。

  今夏の好天続きで、水不足が心配になってきている山小屋が北アルプスにもありますが、雨もまったく降らない、お客さまもお越しにならないと、どこの小屋もWパンチの今回の台風12号襲来騒動であったろうと思われます。

今日も!いい天気!サイコーの夏空!最高の鹿島槍!
小屋のスタッフには体を休める時間になりました。大勢のお客さまのお越しをお待ち申し上げます
剱岳立山も何事もなかったようにスッキリとたたずむ朝です。
黒部の谷の下流には雲海が入りました。黒部に雲海が入り込むようになれば、それは秋への序章
今朝はまだ富士山や南アルプス、八ヶ岳方面は台風13号の影響下にあるようで見えません。北アルプスを含め長野県の西側半分は良いお天気でスタートです。

NO 2233  台風の影響未だ無し。

2018 8/ 8(水) AM 9:00

  台風12号襲来予報で昨日から一気に閑散としている主稜線です。ただ天気はさほど悪くもなく昨日は雨量にカウントされないような霧雨が降ったり止んだり、そして今朝は明け方までの厚い雲も取れて、6時過ぎには周辺の山並みもしっかりと現れる絶好のお天気になりました。その後はふたたび主稜線は厚いガスに包まれてしまいましたが、今日も台風による影響はほとんどないものと思われます。本州に最接近するであろう明日未明以降は多少の雨と風の強まる時間帯もあるかもしれませんが、報道されるような大雨はこの周辺ではなさそうな感じが、気象情報を見ていても少なからず感じられます。早く去って行ってほしいですね・・・

計画を変更されて下山の方も多いですが、皮肉にもお天気は良い方向へ・・・ (8/8 6:00)
主稜線をおおう雲もどんどんと消え、鹿島槍ヶ岳ももう少しで頂上を見せそうです。(8/8 6:00)

NO 2232  朗報 針ノ木小屋の水揚げエンジンが直りました!!

2018 8/ 6(月) 

  3日に故障して水揚げができなくなってた針ノ木小屋のエンジンは、故障が直って本日無事に水も小屋に揚げられるようになりました。これで今夜から小屋の宿泊客への食事の提供や、通過の方やテントの方への飲料水の提供も通常どおりにできるようになったそうです。トップシーズン中の突然のトラブルで、たいへん心配をいたしましたが、最短時間の中で復旧できて本当に良かったです。修理屋さんやヘリの皆さんにはたいへんありがとうございました。まずは皆さんご安心して針ノ木岳登頂、針ノ木岳縦走をご計画くださいますよう今後ともよろしくお願いいたします。

  山小屋にとってエンジンや発電機、ヘリコプター、冷凍庫等の機械系ライフラインのトラブル、故障への対応の困難さは下界の比ではありません。また今夏は大晴天続きで水場そのものの水量も今後心配になってくるかもしれません。折りしも今週は台風13号の接近が予想されていますが、まとまった雨が欲しいのも偽らざる心境です。かといって超大雨になると登山道への心配もつきません・・・・ 今シーズンもまもなくお盆の折り返しになりますが、残りのシーズンも安定した天候が続いてほしいものです。また北アルプスでは連日、転滑落や熱中症、道迷い等遭難事故が続発しています。さいわい鹿島槍周辺では重大事故は起きていませんが、この後も事故の発生がないよう、お客さまには最大限の注意を払っていただきたいです。

今日は朝の内は視界も利きましたが、午後にかけては前線の南下に伴ない濃いガスに包まれ涼しい風が稜線を渡りました。ただ雨は降りませんでした。(8/6)
針ノ木大雪渓も中間帯に雪渓を残すのみになってきました。夏山登山道の現れている区間、雪渓歩きの区間等は小屋の指示に沿って安全に通行してください。これから雪もどんどんと溶けて、穴も開いたり割れ目もできたりで、雪渓上のルート選びもたいへんな作業です。(8/6)

NO 2231  にぎわいが戻った8月最初の週末。

2018 8/ 4(土) 

  台風12号の襲来に振り回された先週末は、お客さまも本当に数えるくらいの少なさで、とっても淋しい週末になってしまいましたが、本日は例年の8月第一週末同様の雰囲気になり、にぎわいがしっかりと戻った鹿島槍ヶ岳稜線となりました。

  また週末の本日はヘリの荷上げが重なってしまい、どの小屋もてんてこ舞いの一日で、お客さまには何かとご面倒をかけてしまい、申しわけありませんでした。おかげ様で無風快晴の好天のもと、荷上げ作業も順調に進み、食材やら燃料やら、ビールジュース類としっかりと上げていただくことができました。今夏の猛暑でジュース類の売れ行きもいいので一安心です。猛烈な暑さの中、ヘリのクルーの皆さんにはありがとうございました。また小屋のスタッフも接客に、ヘリで上がった荷物の片付けにと頑張ってくれました。

  ただ来週はまたまた台風13号の、接近や上陸が予報され始め、心配がつきまといそうです。また月曜日あたりは、はしりの秋雨前線? も東北南部に下りてきたりもするようですので、来週ご計画の方は天気予報をこまめにチェックしていただきたいです。  

ガスが沸き立つ心配は皆無の一日。ヘリ荷上げ日和は、当然登山日和の一日でもありました。

NO 2230  針ノ木小屋よりの急告。(8/6にエンジン復旧!水揚げできました!)

2018 8/ 3(金) 

  今日はガスに包まれる時間帯も少なく、終日熱い安定感ある夏空におおわれる一日となりました。なかなかこの高温状態を鎮める夕立はやってきません・・・  ところで、私どもの小屋の南側に位置する針ノ木岳の針ノ木小屋の水揚げ用のエンジンが壊れてしまい、水揚げができず水不足に陥り今週末の土曜日曜日の宿泊者の皆様にお食事の提供が困難になったとの連絡をいただくとともに、私どもの小屋ににお泊りになるお客さまへも周知していただくようお願いがありました。今夏は日照り模様で天水を採ることもままならず、なにかと今後は水不足の心配も・・・・  なんて昨日もこのページで書いたところでした。

  なお素泊まりは可能ですが、お水の提供とかラーメン等の軽食の提供もむずかしいそうですので、ご承知置きください。また通過の方やテント泊の皆さんにもお水の提供はできませんので、ご注意ください。ジュースビール等の販売は大丈夫です。早期のエンジンの復旧を目指すそうですが、来週からのお泊りに関しては、週明け以降に針ノ木小屋のほうにお問い合わせ下さい。

  種池山荘や新越山荘にお泊りになって、翌日針ノ木小屋にご宿泊予定のお客様には、計画をしっかりと練り直していただきたいと思います。なお岳の上では下界のように、自動車修理屋さんにすぐに来てもらって直してもらうといったことは不可能ですし、たいへんに難しいことです。ぜひ皆さんご協力をお願いいたします。

新越山荘から今夕の剱岳。明日からの週末もお天気良さそうですね。
同じく新越山荘から遠く白馬岳方面。夜は白馬山荘の明かりが見えるんですよ。あと富山湾の漁り火も見えるときがあります。
 

NO 2229  8月入りも北アルプス晴れ続く!

2018 8/ 2(木) 

  昨日の日中はややガスが多かったですが、本日は小屋周りにかかるガスも少ない良いお天気が続いています。台風通過後のこの好天はいったいいつまで続くか・・・  そうしてみれば先の台風12号による40ミリほどの降雨は、当地にとっては恵みの雨だったかもしれませんね。

  なおここ数日は夕立が起きても不思議でないような空模様になった瞬間もありましたが、夕立はまったくありません。ただ毎度申し上げておりますが、夕立雷雨への油断だけは絶対に無きよう願います。またここへきてまたまた温度も上昇中です。水分補給や塩分補給、日焼けへの備え等に十分な注意を払ってください。五竜岳縦走や針ノ木岳縦走などの距離の長い縦走は尚のことご注意下さい。

  今週末は種池山荘が2日、3日、4日、冷池山荘が3日と4日がご予約多くなってきております。とくに4日の冷池山荘は混みあいそうです ので、ご協力をお願いいたします。またテント場も混み合うものとと思われます。そのあとは山の日連休、お盆と続く “山盆週間” にかけては、平均的な入り込みが続きそうです。なお新越山荘の今週末は大きな入り込みはなく、ほど良い混み方かと思います。例年より北アルプスも温度がやや高めに推移していると思われますが、そうは言っても3000m級の北アルプスです。朝夕の心地良い涼風をもとめに、ぜひともお出かけ下さい。

    ところであとひとつ・・・  滅茶苦茶天候不順だった去年って今日が北陸三県や新潟県の梅雨明け宣言日だったんですよね。要は今日が北アルプス北部の梅雨明け日だったということ。これだけ順調に梅雨明けが成り、超夏型の晴天が安定的にこれだけ続くのも、ある意味では異常なのかもしれませんが、今はこの晴天が続く間はしっかりと北アルプス登山を楽しんでいただきたいものです。ただこれだけ好天が続くと、水不足やこのあとの反動もちょこっと心配になってきます。幸い今のところはお水のほうも心配はありません。

冷池山荘からは眼前に鹿島槍ヶの双耳峰が聳え立ちます。今夏は連日のようにこれでもかこれでもかとばかりに秀麗な姿を見せてくれます。(8/2)
 

NO 2228  7月最終日もしっかりと夏空!

2018 7/ 31(火) 

  好天続きの7月、暑い7月、雨の少ない7月・・・・  しっかりと記憶に残りそうな平成時代いちばん最後の7月でした。最終日も夏型の空模様の一日。明日からの8月はどんなお天気が待っていてくれるでしょうか・・・  昨日も書きましたが、雷雨にだけはお気をつけいただき、小屋へは早目の到着をお願いいたします。

種池山荘のさきには迫力の剱岳・立山連峰が横たわります。暑い夏ですが朝はヒンヤリです。太陽の日差しに追われるように爺ヶ岳の影の中を頂上を目指します。この晴天が8月も続きますように!

NO 2227  好天劇場は第2ステージへ!

2018 7/ 30(月) 

  台風12号による2日間の足踏みはありましたが、またまたの夏空モードの復活です!もう少しぐらいはほしかった雨量でしたが、それでもお花たちにはみずみずしさが増したようです。

  台風前の今夏の大晴天のファーストステージはまるまる2週間続きましたが、今日からはじまるセカンドステージはいつまで続くでしょうか。太平洋高気圧は変わらず強いようですので期待大!ですね。

  さて今日も朝方は最高の大気、最高の遠望で始まりましたが、9時過ぎからはガスが上がり始め、日中の稜線は霧に包まれる時間帯が多いという典型的な北アルプスの夏型天気となりました。再び晴れ間がのぞいて来るのは午後遅くでした。さきの大晴天が続いたファーストステージでは、真夏には珍しいガスも全然沸いてこない終日安定した天候の日が多かったですが、今後は本日のような感じの昼間はガスにおおわれるといった空模様も増えてこようかと思います。当然のことながら午後は夕立、雷雨の発生に備え、耳や目をより敏感にして注意しなければなりません。夏は雷に備え早出早着もいつも以上に注意したいですね!

遠く真ん中に富士山が遠望できる最高の朝。左には八ヶ岳、右には壮大なる南アルプスが脈々と続く。穏やかにたたずむ連山ですが、さぞや荒れた台風は大丈だったでしょうか。
ただ扇沢を早発ちして柏原新道を登ってこられるお客さまが種池山荘に到着する頃には、信州側からぼちぼちガスが沸き始めてきます。これが典型的な夏の空模様です。
信州側から沸いたガスはすでに爺ヶ岳〜鹿島槍稜線をすっぽりとおおい、冷池山荘は完全に濃いガスの中です。 上空には秋の雲・・・  あと2週間もすれば秋の気配も感じてくる鹿島槍ヶ岳周辺です。

NO 2226  急速に回復! さっそくの台風一過へ。

2018 7/ 29(日) 

  台風12号による昨夜からの雨は本日の午後には一気に上がり、風も止んでまいりました。視界もしっかりと利いてきて、再びの大晴天の復活! といったところでしょうか。昨日の降り始めからの総雨量は40ミリほどで、まるまる2週間カラカラ天気が続いた主稜線にとっては本当に恵みの雨となりました。

  超異例のコースを歩んだ台風12号は、このあとは九州の南西側に週中まで停滞するかもしれないという、これまた異例な動き・・・ 九州の皆さんや、西日本豪雨被害に見舞われた皆さんにとっては、まだまだご心配が続きそうですね。これ以上の被害がでないことを祈るばかりです。

  さてこのあとは再び太平洋高気圧が北アルプスをおおってきそうで、お天気も期待できそうな気配です。たっぷりと久しぶりの雨を浴びることができたお花たちも、乾ききって埃っぽくなっていた登山道も元気になってふたたびお客さまをお出迎えできそうです。ハクサンフウロやクルマユリといった盛夏を代表するお花たちに混じって、主稜線ではすでにミヤマアキノキリンソウやトウヤクリンドウなどの初秋のお花たちも咲き出しています。

  岳の上でも先般はとっても暑い日が続いたりしましたが、ここへ来て温度もいつもの雰囲気になってきた感じです。下界ではまだまだ猛暑が続きそうですので、ぜひとも小さな秋の先取りに、涼風に包まれにお出かけ下さい。 このあと8月も北アルプス晴れの連発に期待です!!

10時台にはまだ土砂降りの時間帯も・・・
昼過ぎもまだ雨が降ったり止んだりでしたが、3時過ぎには一気に雨雲も消え去って・・・
夏の空の復活というよりも、初秋の空が到来です。
高山植物も夏と初秋のお花が混在し始めましたが、上空も夏の空と初秋の空のコラボです。

 ホーム    今までの情報   パウダーパフ