扇沢登山口周辺案内図     ▲▲  最 新 情 報   更新日 : 2016/ 7/ 23 ▲▲

  扇沢方面駐車場案内表   ホーム  山荘案内予約   山荘別予約状況一覧表

     今までの情報      パウダーパフ  コース   2015バス時刻表  花 便 り 

 

NO  1971   北陸地方梅雨明け宣言。

2016  7/ 23(土) 

   月曜日から続く好天は今日で6日目。遅ればせながら気象庁から北陸地方の梅雨明け宣言が本日発表されました。今週は梅雨前線が自然消滅してオホーツク高気圧が張り出しての好天という変則的なせいなのか、なかなか梅雨明け宣言が出されないでおりましたが、結局は今週の月曜日の梅雨明け宣言で良かったのでは・・・ という感じでの北陸地方の梅雨明け宣言になりました。鹿島槍ヶ岳周辺の類似天気の指標にしている、新潟市のこのあと一週間の天気も26日火曜日の降水確率がやや高めなものの総じて今週に続いてお天気は良さそうな感じです。今年の後立山連峰は季節の進み具合が早く、すでに秋のお花がどんどん咲きだしており、夏のお花の主だったところは7月中には見納めになってしまいそうな今年の夏山シーンです。夏のお花に逢いに一刻も早くお出かけくださいね。

    平成28年7月23日19時 気象庁予報部発表

日付 24
25
26
27
28
29
30
新潟
 
晴れ時々曇り
22 /31
0/0/0/0
 
曇り時々晴れ
22 /29
30
 
曇り
23 /29
40
 
晴れ時々曇り
23 /29
30
 
晴れ時々曇り
24 /30
20
 
晴れ時々曇り
24 /30
20
 
晴れ時々曇り
24 /30
30
 

 

ミヤマキンポウゲ咲きほこる静寂の新越山荘。眼下に黒部湖、眼前には剱岳立山を従えての針ノ木岳縦走をじっくりと楽しみにお出かけ下さい。(7/23)
 

NO  1970  夏の天気続く。

2016  7/ 22(金) 

  今週は月曜日からずうっと好天が続く毎日です。午後の夕立もなく安定した一週間となりました。気象庁からはまだ北陸地方にも長野県にも梅雨明け宣言は出されていませんが、雰囲気からいっても“梅雨明け”そのものと、自分では思っているのですが・・・ この週末もお天気はまあまあ期待できそうで、小屋も海の日連休を取り戻す賑わいにようやくなりそうです。

 

NO  1969  好天下、中学校登山順調にすすみます。

2016  7/ 20(水) 

  先週に続き今週も今日明日と種池山荘に地元の中学校の一年生の生徒さんたちが登って来られますが、総じてお天気にも恵まれて、ほぼ日程どおりにどの学校もすすんでいます。なお来週は26日(火)に大人数の中学校があり、一般の皆さんにはまことに申し訳ございませんが種池山荘は貸切とさせていただきますのでご了承願います。また今週末に関しては22日の種池山荘と23日の冷池山荘が8割方の入り込みになりそうですが、例年のこの時期の週末の勢いは感じられません。関東地方のややぐずつき気味の天気が影響しているんでしょうか・・・  初の山の日が絡んだお盆シリーズまでの4回の週末は、どの週末かが突出するのではなく、平均的な入り込みになりそうな感じです。

地元の松川中学校の皆さん元気に爺ヶ岳も登頂してきました。夕食はカレーライスに行列が・・・ 明日もバッチリだね。

NO  1968  登山者の増加が遭難の増加になりませんように。

2016  7/ 19(火) 

  昨日今日と夏空が広がった鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳周辺です。海の日3連休は当方の周辺のお客様の動向は今ひとつの感がありましたが、他の山域の入り込みはどうだったでしょうか? 今後に期待して参りたいものですね。 

  そしてこれからはお客様の入り込みに比例して、いやがおうにも増えるのが遭難事故です。この3連休中も長野県内では穂高連峰でお二人、戸隠連峰でお一人の3名の方が転落事故で亡くなられてしまいました。内お一人は存じ上げている方でもありました。いずれもどんな状況下での遭難かは定かではありませんが、とにかく死亡事故につながるような険しい場所ではわずかな過信も一瞬の油断もなきよう慎重に通過するよう願うばかりです。ご冥福をお祈り申し上げますとともに、自分達も今一度戒めていきたいものです。    

明日も好天を予感させるおだやかな夕暮れ時。涼風が種池稜線を渡ります。

NO  1967  “海の日3連休”は、二勝一敗。

2016  7/ 18(月) 

   初日は期待以上の夏空が広がったものの、2日目は朝からの雨、ただその雨も午後遅くからは回復へ・・・ そして3連休最終日の本日18日は梅雨明けをも思わせる好天に恵まれた一日となりました。折りしも大相撲は名古屋場所の開催中ということで、大相撲風に決算すれば2勝1敗での勝ち越しといったところでしょうか。梅雨のさなかに迎えた今年の海の日3連休でしたので、かろうじての勝ち越しは良しとしなければいけないでしょうかね。

  どなたも残念な雨の時間帯もありましたが、期待以上の晴れ間の時間帯にも、満開のお花畑にも遭遇できたのでは・・・ みなさん百点満点というわけにはいかないでしょうが、80点ぐらいはつけられる今回の3連休だったのではないでしょうか。小屋のほうはというと、もともとご予約は3連休という意味では少なめだった今回でしたが、さらにキャンセルも多く出て、比較的どの小屋もごゆっくりしていただけたのではないかと思います。3連休前に着任した新人スタッフも多かったので、次週末以降から始まる夏山トップシーズンに向けての、各自の任務分担の確認の場になったものと思います。

  今日は鹿島槍ヶ岳周辺も梅雨明けを思わせるようなお天気になりましたが、下界でもほぼ平年並みに東海、近畿〜九州まで一気に梅雨明け宣言が出されました。梅雨明けはそもそも気象庁が決めたり発表したりするものではなく、元来が皆さんの感覚で決めるべきものであると思っていますので、今週の週間予報の上からも、鹿島槍ヶ岳周辺もほぼ梅雨明けということでいいのではないでしょうか。平安時代にだって江戸時代にだって梅雨はあったんです。その時代に梅雨入り宣言や梅雨明け宣言を出す部署なんてなかったんですから・・・・

  以下、この3連休を時系列写真で追いました。夏山トップシーズン入りの最初の週末、お越し下さいましたお客様にはまだまだなにかと不備もあったかと思いますが、たいへんありがとうございました。

     平成28年7月18日10時50分 気象庁予報部発表

日付 19
20
21
22
23
24
25
新潟
 
曇り
- /27
-/20/20/10
 
曇り後晴れ
21 /26
10/10/0/0
 
晴れ時々曇り
21 /29
20
 
晴れ時々曇り
22 /29
20
 
曇り時々晴れ
23 /30
30
 
曇り
23 /30
40
 
曇り
23 /30
40
 
金沢
 
晴れ後曇り
- /29
-/10/20/10
 
曇り後晴れ
22 /27
10/10/0/0
 
晴れ時々曇り
23 /31
20
 
晴れ時々曇り
23 /31
20
 
曇り時々晴れ
23 /31
30
 
曇り
23 /31
40
 
曇り
23 /31
40
 
長野
 
晴れ後曇り
- /30
-/0/10/10
 
晴れ時々曇り
20 /29
10/0/10/10
 
曇り時々晴れ
21 /30
20
 
曇り時々晴れ
21 /31
20
 
曇り時々晴れ
21 /31
30
 
曇り時々晴れ
21 /30
30
 
曇り時々晴れ
21 /31
30
 

 

みんなの願いが天に通じた今年の海の日3連休のスタートです。
2日目は残念な雨中での始まり。でも仲良し家族なら雨の中も楽しいね。地元北安曇郡の川島様ぜひまたお出かけくださいね。
2日目も午後には雨も上がってきて、夕方前に最終日に期待を持たせる青空が広がってきました。
期待通り海の日3連休最終日はヒンヤリとした大気のなかで、梅雨明けを期待させるご来光です。
ピラミッド型の“影爺”も屹立。いろんな楽しみを発見してくださいね。
鹿島槍ヶ岳も登場。すでに盛夏の様相ですね。

NO  1966  スタッフバッグに “鹿島槍ファミリー” 登場。

2016  7/ 16(土) 

   昨年人気で完売した“らいちょうくん” Tシャツですが、今年も入荷いたしましたので、ぜひともお買い求めください。またらいちょうくんが新たな仲間のホシガラスさんも加えて鹿島槍ファミリーとしてスタッフバッグ(小物袋)にも登場です。こちらもぜひともお使いいただければさいわいです。 皆さんもぜひとも“鹿島槍ファミリー” に加わってくださいね。

 

NO  1965  このお天気が長く続きますように。

2016  7/ 16(土)  AM7:00

  多少の期待はあったものの、まさかここまでの好天スタートになるとは思いませんでした。思いがけないプレゼントに3連休の好天を信じて昨夜お泊りのお客様も意気揚々と小屋を発たれていきました。ただ3連休中は、梅雨前線が南岸に停滞、日本海にも低気圧がやって来るようですので、不安定な状況は変わりないようです。 なんとか大きな崩れがないように・・・  事故等もありませんようにと、祈るばかりです。防水対策や防寒対策はしっかりとお願いいたします。また天候悪化時や雷雲が近づいてきている時など決してご無理な行動をとらぬようにお願いいたします。

  さてこの3連休は梅雨の最中のお休みになってしまいましたので、当方ではお客様のご予約にも大きな伸びはありませんでした。今夜の種池山荘と明日の冷池山荘がいい感じで込み合うぐらいです。なおお客様のシーズン前半戦の入り込みピークは7/23(土)、7/30(土)、8/6(土)の各週末のいずれかになりそうです。ところで期待の第1回の“山の日”ですが、どうなりますでしょうか。

 

日付 16
17
18
19
20
21
22
新潟
 
曇り時々晴れ
- /29
-/10/20/20
 
曇り後雨
24 /29
30/20/60/50
 
曇り一時雨
23 /28
50
 
曇り
22 /27
40
 
曇り時々晴れ
21 /27
30
 
曇り時々晴れ
22 /29
30
 
曇り
23 /30
40
 

       平成28年7月15日10時45分 気象庁予報部発表

新越山荘からは遠く白馬岳まですっきりと望める朝です。↓↓

NO  1964  信じることこそ・・・

2016  7/ 16(土)

   期待の海の日3連休がスタート。心配されたお天気ですが、昨日の雨模様のお天気も未明には上がったようで、今朝は雲海上みごとな青空が広がってくれました。お客様からは思わぬ好天、展望に感嘆の声が上がります。

雨上がりの朝、扇沢をおおう雲海上には針ノ木岳、蓮華岳遠く水晶岳や薬師岳も望めます。柏原新道登山口の扇沢にいる登山者にとっては暗い雲の下、心配なスタートかもしれませんね。

NO  1963  梅雨のさなかの、めまぐるしいお天気。

2016  7/ 13(水)

   昨日好天の中を登ってきて、爺ヶ岳登頂も無事なった地元の仁科台中学校の皆さんでしたが、今朝は無常の雨降りの中を下山になってしまいました。みんな今朝は爺ヶ岳頂上に再アタックしてのご来光を楽しみにしてたのに・・・・  残念。

   ただその雨も夕方前には上がり、青空も広がるお天気に回復です。お天気ばかりは思うようにまいりませんね。みんないつの日かまた来てくださいね。   

昨日の真夏の青空が一転の梅雨空へ。山の楽しさもきびしさ、素晴らしさいっぱい体験できたね!
午後遅くには虹もかかり、明日への期待も・・・  ところで肝心の3連休はどうかなぁ・・・

NO  1962  新越山荘も準備万端。

2016  7/ 12(火)

   最後に小屋開けした新越山荘も、すでに周辺には残雪もなく、小屋前のお花もどんどん咲き出しています。針ノ木岳方面の雪融けもいたって順調な今夏は、いつもならまだまだ残る針ノ木小屋と針ノ木岳頂上間の大きな雪渓も、今年はもう心配ありません。また針ノ木小屋下の大雪渓も上部は登山道もしっかりと姿を見せています。もちろん中間帯にはまだ大きな雪渓が残っていますので、ご心配な方は軽アイゼン等を持参するのがいいでしょう。

   静かな山旅を満喫できる新越山荘は、9月の下旬まで今季もスタッフ一同がんばってやっていきますので、皆さんぜひともお出かけ下さい。赤沢岳頂上で満面の雪融け水を湛える黒部ダムの奥に聳える奥黒部の峰々、薬師岳、赤牛岳、水晶岳に会うのが毎年の楽しみです。   

 

NO  1961  中晴れ続く。

2016  7/ 12(火)  

   10日の日曜日から3日続きの好天が続いています。今年の梅雨は中休みが1日ぐらいしか続かず、3日も続いたなんて初めてではないでしょうか。おかげで昨日からは爺ヶ岳への地元中学校の学校登山も始まり、昨日今日と子供たちが元気に上がってきてくれました。いつもなら種池山荘前の大きな雪田に感嘆の声をあげる子どもたちですが、今年はその雪はまったくなく、逆に見頃を早々に迎えているチングルマのお花畑にみんな感激です。

   また不安定なお天気続きで、今までのヘリ荷上げでも3本指にも入るくらいに困難を極めたシーズン当初のヘリ作業も先週末には、ようやく無事完了して海の日3連休を前にして食品関係、雑貨等無事に上がって、ほんとうに胸を撫で下ろしたところです。私以上に喜んだのは待ちに待った私物が上がってきたスタッフも女の子たちかもしれないですね

   願わくばこのまま梅雨明けにでもなってくれればうれしいのですが、このあとは梅雨前線は太平洋上へ大きく南下していくみたい・・・・  ということは、まだまだ梅雨明けも見えてこないってことでしょうか。(まあ南下したっきり雲散霧消といったパターンも時にはありますが・・・) そしてそんななかで、今週末はいよいよ海の日3連休になるわけですが、どんなお天気がまっているのでしょうかね。梅雨前線もかなり南下するような予想ですので、普通なら後立山連峰はいいのかなあなんて、ちょっと期待もしているんですが、いまひとつ大気の状態は不安定傾向みたいです。まあまだ3日間ありますので、状況も好転してくれることを期待です! 

   ところでお客様のご予約状況ですが、このあとの天気予報によっては大きく増えるかもしれませんが、現時点では16日の種池山荘と17日の冷池山荘が定員の半分ほどのご予約となっています。もう少し伸びるとは期待しておりますが、滅茶苦茶混み合うイメージの海の日3連休といった感じはありません。天気については鹿島槍ヶ岳周辺の類似天気の指標とも言うべき新潟市の天気を参考になさるのがベターと思います。 

 

        平成28年7月12日10時50分 気象庁予報部発表

日付 13
14
15
16
17
18
19
新潟
 
曇り時々雨
21 /29
20/50/60/80
 
曇り時々雨
22 /25
60
 
曇り一時雨
20 /25
50
 
曇り
20 /26
40
 
曇り
21 /27
40
 
曇り
21 /26
40
 
曇り
21 

 

小川中学校の皆さん、少人数ですが力合わせて元気に上がってきてくれました。(7/11)
二日目も見事な夏空に恵まれました。コバイケイソウを横目に元気に下山開始です。(7/12)
例年よりかなり早く、種池山荘周辺のチングルマもすでに見頃を迎えています。
土曜日に雨の中を上がってこられたお客様も大喜びの日曜日の天気回復でした。
先週はまさに苦闘の荷上げ作業でした。ヘリのクルーの皆さん30便もの荷上げ感謝感謝です。

NO  1960  梅雨真っ盛り。

2016  7/ 9(土)  

  あっという間の一週間でしたが、なかなかスッキリとした晴れ間が終日に渡って続いてくれる日はありませんでした。そして来週末の海の日3連休スタートからは、ちょうど1週前の本日も終日に渡って雨が降り続くあいにくの週末スタートとなってしまいました。天気予報もパッとしない予想でしたので、団体様にご宿泊いただいた種池山荘以外は静かな週末土曜となりましたが、明日の日曜はお越しいただいたお客様のためにも、天気も盛り返してほしいものです。

今日のお客さまはお一人様だけ。静かな夏山シーズンインです。
新越山荘周辺のお花畑もミヤマキンポウゲ、ハクサンボウフウ、シナノキンバイ等々早々に見頃を迎えています。

NO  1959  昨日の晴天はどこへ。

2016  7/ 3(日)   AM 10:00

   昨夜から降りだした雨は、夜間は小康状態も朝方からは本降りになってしまいました。昨日はラッキーな登山日和のなかをお越しくださりお泊りいただいたお客様も、今日は残念な日曜日雨中の下山となってしまいました。どうも今年の後立山連峰の梅雨は、天気の良し悪しがわりにはっきりした傾向があるように感じられますが、このあとはどんな梅雨の後半戦を迎えるでしょうか・・・

   そんななかで、今夜、明日にも史上2番目に遅い台風1号の発生が予想されてきました。まだまだフィリピン東沖合ですが、今週後半からは進路によっては日本にも影響がでるかもしれないようです。また今後の各地域の梅雨明けにも影響をあたえる台風になるかも知れませんね。なんとか今週はお天気に恵まれますように・・・

冷池の周りのキンポウゲも早や満開。昨日2日は朝方こそ小雨混じりの梅雨空でしたが・・・(7/2)
その後はどんどんと回復。午後には面白いレンズ雲が次々とやってくる一日。終日主稜線は風の強い一日でしたが、さらに上空は強い風が吹いている現れでしょうか・・・(7/2)

NO  1958  新越山荘営業開始。

2016  7/ 1(金)  

   3つの山荘のトリを飾る新越山荘のオープンです。9月下旬までの3ヶ月ほどの営業期間、スタッフ一同がんばってやっていきますので、ぜひともお出かけ下さい。剱岳立山連峰、黒部湖そして奥黒部の山々の眺めが最高の爺ヶ岳〜針ノ木岳縦走は、登山者も少ない静寂の山旅を満喫できます。3つの小屋の中ではダントツの小さい可愛らしい山小屋にて皆さんのお越しをお待ち申し上げます。今年こそ新越街道に挑戦してくださいね。

NO  1957  7月入りを祝う好天スタート。

2016  7/ 1(金)  

   期待の7月夏山シーズン入りの初日は、梅雨明けをも期待させるようなみごとな快晴でスタートです。ただこの好天も一時的なもの・・・  週末以降は梅雨前線も北上して、日本海側に停滞しそうな予想になってきました。スタートこそ空梅雨気味に始まった今年の後立山連峰の梅雨シーンですが、ここへきてはまあまあ梅雨っぽくなっているだけに、来週以降のお天気に気をもむ7月入りになりそうです。

ヒンヤリとした大気が流れる、身も引き締まる朝です。いよいよ7月!ですね。

NO  1956  7月に期待をつなぐ6月晦日。

2016  6/ 30(木)  

   月曜日の晴天以降は降ったり止んだり行ったり来たりの天気でしたが、今日は昨夕からの雨も朝方には上がり、なかなかのお天気に回復しました。さらに夕方は少しだけ焼けて、明日からの7月入りに期待を持たせる6月フィナーレとなりました。

   なお明日の7月1日からは新越山荘も営業開始です。今夏も私どもの3つの山小屋とスタッフが力合わせてやっていきますのでぜひともお出かけください。

明日から始まる7月入り、好天スタートを予想させる夕焼けです。
鹿島槍ヶ岳上空には、早々に秋っぽい雲もやってきてくれました。
種池山荘横のチングルマのお花畑も下部からどんどんと咲きだしています。正面には針ノ木岳と針ノ木大雪渓。明日から針ノ木小屋も営業開始です。針ノ木大雪渓については、慣れない方にはまだ軽アイゼン等の持参をおすすめいたします。

NO  1955  種池山荘でもコバイケイソウ開花!

2016  6/ 30(木)  

   先日は新越山荘からコバイケイソウ開花のニュースをお伝えしましたが、周辺ではもっとも大きなコバイケイソウ畑を有する種池山荘直下のお花畑でも咲き始めてくれました。お花の付き具合はというと、5株に1株ぐらいの割り合いで開花している感じです。どれくらい咲くかは微妙なところですが、これから7月 中旬にかけて咲きほこりそうです。

   またチングルマのお花畑も雪融けの早かった下部のほうからどんどんと咲き出しています。やはり7月中旬にかけて、爺ヶ岳へ向かう登山道脇が見頃になってきそうです。いずれも例年よりかなり早くにピークを迎えそうな気配です。

 

NO  1954  中晴れの一日。

2016  6/ 27(月)  

  週明け月曜日は見事な梅雨の中休み、布団干しに小屋内の空気の入れ替えにと、気持ちのいい一日となりました。願わくばこの好天がもう数日続いてくれたら、どんなかうれしいのですが・・・

 

NO  1953  6月最後の日曜日。

2016  6/ 26(日)  

  今日も日中は雨の止む時間帯もありましたが、朝方や夕方は雨模様の基本 梅雨空の一日でした。 6月もあと4日間だけ・・・  みなさん夏の山行立案に余念がないんでしょうね。それにしてもこんなに雪解けが早く、夏の訪れが早い年は、夏が長くなるんですかね? それとも秋が長くなるんですかね? はたまた次の冬の訪れが早くなるんですかね・・・・

種池山荘から新越山荘へ向かう途中の棒小屋乗越付近は大きなお花畑が続く場所ですが、今年はやはり3週間以上の早い咲き出しです。アオノツガザクラやシナノキンバイ、シラネアオイなどがどんどん咲き始めています。正面に爺ヶ岳南峰と種池山荘が見える。
このところの雨もあり種池テント場の雪もわずかに残るだけ。雪の少なさ、お花の早い咲き出し等の情報のなか、例年よりは登山者の動きも微妙に早いかなって感じ・・・でもやっぱり梅雨の真最中ですので、最盛期に比べたら比較にならない入山者数です。皆さん静かな鹿島槍ヶ岳爺ヶ岳を満喫中

NO  1952  コバイケイソウ咲き出す。

2016  6/ 26(日)  

  咲かない年には一輪たりともお花をつけないコバイケイソウです。今年も大当たりか中当たりか、はたまた小当たりかどうかはまだまだ判明は付きませんが、新越山荘の近くで最初の一輪が花をつけてくれました。これからどんどんと咲き出してくれたらうれしいですね。

いつもなら大きな雪庇が残る新越山荘周辺の登山道ですが、今夏はもうほとんどありません。道下にコバイケイソウ一輪、3週間近く早い咲き出しです。

NO  1951  6月最終の週末。

2016  6/ 25(土)  

  昨日午後からの雨は、未明から明け方にかけてがもっとも強く降りましたが、その後は雨も止み晴れ間ものぞく日中となり、登ってこられたお客様にも多少はラッキーな週末スタートとなりました。ただ梅雨の真っ只中のことです。夕方にはふたたび雨が降り出しました。6月最後の日曜日の明日はどんなお天気になるでしょうか。来週はもう7月入りですね・・・

明け方の強雨も上がり、安曇野方面も視界に。種池山荘周りのキヌガサソウも見頃に。

NO  1950  富士山もくっきり。

2016  6/ 24(金)  

  東日本は梅雨前線が下がって好天域ですね。南アルプスも八ヶ岳も富士山もしっかりと遠望できる朝です。滞っていたであろう各山域のヘリ作業が進む一日になりそうです。私どものヘリ荷上げは来週ですが、先に入っている作業がどんどんと順調に消化されていかなくては、ウチにはやってきてくれません。本当に大助かりの梅雨の中晴れです。ただ夕方からは西から低気圧を伴ないながら梅雨前線も再び北上、再び雨が降り出しそうですね。

富士山を真ん中にして左に八ヶ岳、右には南アルプス。気持ちのいい朝です。
例年なら種池山荘の周囲も、剱岳立山ももっともっと白いんですけど・・・
例年の7月中頃の雰囲気の鹿島槍ヶ岳です。

NO  1949  新越山荘小屋開け。

2016  6/ 23(木)  

  昨日好天のなか、新越山荘へスタッフが種池山荘から移動して小屋開けをしました。今日も午前中は雨模様も、午後からは回復してきて作業も順調に進んでいます。種池山荘から新越山荘の間の登山道も、小屋の周りも他と同様にいたって雪の少ない状況です。予定では7月1日からの営業開始の予定でおりますが、来週の天候次第でヘリ荷上げが延び延びになってしまうようなことがあれば、しばらくは素泊まりでのご宿泊のみということもありえますので、しっかりとご確認くださいませ。なお針ノ木岳方面も例年よりは少ない残雪状況ですが、まだまだアイゼンピッケル等を必ず携帯するようお願いします。

新越山荘の小屋開けで小屋の前にまったく雪がないなんて始めてのことです。
午後遅くには天候も回復して針ノ木大雪渓も見えてきました。

NO  1948  早い回復。

2016  6/ 23(木)  

   昨夜からのまとまった雨も昼前には上がり、午後遅くにすっかり回復しました。この雨でさらにさらに雪融けは進み、お花は開花の速度を増しています。場所によっては7月初旬にも見頃を迎えるお花畑もありそうです。

夕方には視界もしっかり回復です。種池平の雪ももうこれだけ・・・ 一ヶ月近く早いスピードです。
種池山荘周辺ではチングルマやコイワカガミなども咲き出しました。

NO  1947  梅雨らしく・・・

2016  6/ 21(火)  

   九州では記録的な大雨が続いているようで、4月の大地震の後でもありますので、なおのこと心配がつのります。このところの九州の雰囲気は梅雨末期の集中豪雨といった感じですが、このあとも梅雨前線は日本付近に停滞するようですし、九州の梅雨明けの平年値7月中旬から鑑みても、まだまだ梅雨明けといった感じは感じないですね。

   さて鹿島槍ヶ岳周辺も雨量が少ない状況が続いていますが、梅雨の雰囲気は日に日に深まってきています。火曜水曜は梅雨前線は東日本では下がるので、後立山連峰はまあまあのお天気になりそうですが、その後は週末にかけて梅雨前線も本州上に停滞しそうですので、ちょっと心配になってまいります。

   本日の鹿島槍ヶ岳爺ヶ岳周辺は、朝はどんよりとした高曇りの空でしたが、徐々に青空も広がってまいりました。そんななか本格的な夏山シーズン入りを前に、このところスタッフの入山も続き、本日も4名の入山がありますが、雨の心配もなんとか遣り過ごせそうでよかったです。なお夏場の最盛期のスタッフがまだまだ不十分な状況ですので、お知り合い等で山小屋で働いてみたい方が居られたらぜひとも事務所のほうにお声がけくださいませ。

雨の心配はなさそうですがどっぷりと梅雨空の下でのスタートです。
種池の雪も今日には消えそうyです。
針ノ木岳方面も鹿島槍ヶ岳方面も2800mから上に雲がかかる朝です。

NO  1946  胎動の週末。

2016  6/ 18(土)  

   今夏の登山シーンを期待させる週末、土曜日曜の好天を信じてたくさんの皆さんがお越しくださいました。   

無風快晴、絶好の鹿島槍〜爺ヶ岳稜線です。

 ホーム    今までの情報   パウダーパフ